EPSON EPシリーズ プリンタ」カテゴリーアーカイブ

エプソンEP-812Aと比較して後継プリンタEP-813Aはお買い得か?

エプソン カラリオ EP-812Aの後継機として1年後に発売されたEP-813A

事務所で触る機会がありましたので、体感した両者の違いをまとめてみます。

EPSON カラリオ EP-812Aはこちら

カラリオ EP-812A 製品画像
EPSON カラリオ EP-813Aはこちら

【カラリオスマイルセットモデル】EP-813A
以前使用していたEP-812Aと外観も形状もそっくりでしたので、遠目では見分けがつきませんでした。スタイリッシュでコンパクトなプリンターはどんなお部屋にも映えますね。

実際に印刷してみたところ、正直な感想を言うとそれほど大きな違いは感じませんでした。試しに、同じデータの写真をカラー印刷してみましたが、明るさや色鮮やかさなども優劣はつけ難い印象です。

EP-813AもEP-812Aも対応インクは SAT-6CL(サツマイモ) です。

どちらも6色インクを使用しているためか、仕上がりの優劣をつけられないほどきれいに印刷できています。

それもそのはずです。

エプソンの公式スペックを見てみると、

解像度・画質
EP-813A EP-812A
5760×1440dpi 5760×1440dpi

まったく同じでした。

試しに印刷した写真は鮮やかなグラデーションがきいていて、LC(ライトシアン)とLM(ライトマゼンタ)が入ることによって肌色や淡い色がリアルかつ鮮やかに表現されています。

EP-813A、EP-812Aの印刷コストは?

そうなると気になるのが、印刷コスト面ですよね。

EP-813A
A4普通紙(カラー文書) L版、写真用紙・光沢
約18.8円 約32.5円
EP-812A
A4普通紙(カラー文書) L版、写真用紙・光沢
約18.8円 約32.5円

どちらもまったく同じですね。

EP-813AとEP-812A、どこに違いがあるの?

以下2点のみ微細な違いが見つかりました!

新モデルEP-813Aでは

★「Bluetooth® LE」により、プリンター本体とスマホの接続設定がより便利に

★正方形(スクエア)規格用紙にも対応

結論は新機種EP-813AよりEP-812Aを買うべき!

EP-813AとEP-812Aは、上記2件の違いを除いたらスペックや印刷コストも全く同一です。
プリンター本体の価格を見ると、EP-812Aのほうが数千円安く手に入りますね。

プリンタの価格 -2021.3.24時点- Amazon
EP-812A   21,800円
EP-813A   23,749円

価格の違いを考えると、同じスペックにて印刷可能な旧型EP-812Aがお財布的にもおすすめかと思います。

ただし、EP-813Aも発売から少し経っていますので、旧型EP-812Aの方は店舗などに在庫がない場合も見受けられました。

さらにこれからEP-813Aの価格が低くなっていくようであれば、写真印刷に便利な正方形(スクエア)規格用紙に対応していることも鑑みて、EP-813Aを購入するのもいいですね。

エプソン カラリオ EP-812A EP-813A対応 SAT-6CL(サツマイモ) 互換インクはこちら

SAT-6CL用プリンターに使うべきお得なインクはこれ

エプソンインク SAT-6CL対応プリンタはEP-812A, EP-712A, EP-813A, EP-713A

SAT-6CLはエプソン社のインクカートリッジです。
SAT-6CL(サツマイモ)対応プリンタは2019年8月に発売されたEP-812A / EP-712Aと、2020年10月に発売されたEP-813A / EP-713Aの4機種です。

エプソンのEPシリーズで、Colorio(カラリオ)シリーズの主力となっているインクジェットプリンターです。EP-712A/713Aは本体価格が安いエントリーモデル、EP-812A/EP-813Aは便利な機能が揃った中堅タイプモデルという位置づけのようですね。

本日【2021.1.20】時点の価格コムではEP-712Aは13,400円EP-812Aは18,601円でした。
写真やイラスト印刷がしたいけどそんな高機能は求めていないライトユーザーにはまずまず手の出しやすい価格帯なのではないでしょうか。

インクカートリッジの型番はSAT-6CLですが、名前は「サツマイモ」です。6CLと表記がありますので全部で6色のプリンターのようです。キヤノンやブラザーは依然として型番に番号を使用していますが(それが普通ですけどw・・) 最近のエプソンはインクカートリッジをパッケージの絵で判別しています。

ライトシアンとライトマゼンタの2色が入ることで、素肌や空の色合いなどを鮮やかに映し出し、繊細なグラデーション表現を可能にする技はさすが写真プリントが強みのEPSONですね。

SAT-6CLの純正インクは5000~6,000円前後

エプソン社が販売している純正インクカートリッジは、とっても高品質で高性能。光にあたってもインクが分解されにくい分子構造となっており、純正インクで写真を印刷してみたらその色あせない美しさに感動してしまいます。

でも、当然価格も高額な商品となっています。

Amazonでは本日時点で5,227円。 ヨドバシ.comやエプソンダイレクトでも大体6,000円弱となっています。インクが高品質だと、やはり価格もお高いものですね。。

純正品を買うときは

SAT(サツマイモ)系インクの構成は以下の通りです。

・SAT-BK  ・・・ブラック
・SAT-C    ・・・シアン
・SAT-M   ・・・マゼンタ
・SAT-Y    ・・・イエロー
・SAT-LC  ・・・ライトシアン
・SAT-LM    ・・・ライトマゼンタ
・SAT-6CL ・・・6色パック

純正インクをお得に使いたい場合、6色パックが単品よりお得です。各色を単品で買うより3%程度のコストダウン効果があります。

なお、エプソンダイレクトで会員登録すると、お好み6個セットが5764円にて購入できます。ちなみに6色セットと同じ値段となっています。好きな色を自由に選択できるので、インクの減り具合から無駄なく購入できますね。

SAT-6CL対応の互換インクは純正品の約3割程度!

お得な6色パック高品質・高価格な純正インクと比べて、安価な互換インクで更なるコストダウンができます。品質面では純正品に遠く及びませんので、写真の鮮明さ・繊細さ、耐光年数では劣ります。

しかし「普段のA4文書しかプリントしないよ」「普段使いのイラスト・写真印刷くらいしか使わないや」 といった方は互換インクを使わないともったいないです。

 

こちらの互換インク6色セットは純正インクの約3割程度の価格です。

互換インクを買うときは

・ICチップが付いているか確認する
・お店の品質保証がどのくらいの期間か
・通販の場合は送料がどのくらいかかるか

当ブログで紹介する互換インクはこれらのチェック項目をしっかりクリアしたものとなりますので安心してくださいネ!

互換インクの便利な使い方

よく見かける賢いインクの利用法は・・・それは 「両刀使い」  じゃじゃーん。

・普段は互換インクを使用
・保存したい写真の時、純正インクに付け替える
・年賀状の時には写真なら純正インク

インクを付け替えるのはそんなに手間でないですし、プリンタ内部に残留したインクが混ざっても問題ありませんのでご安心ください。実は私もこんな風に両刀使いしてます 😉

エプソン 対象商品購入で6,000円分還元キャンペーンがスタート!

エプソン対象プリンター&インクのセット購入で6,000円分のVisaギフトカードが貰えます。

その名も「みんなの笑顔を応援 キャッシュバックキャンペーン」

キャンペーンの概要

キャンペーン対象購入期間は2020年10月22日(木)から2021年1月12日(火)までです。

期間中に、エプソン対象製品をセット購入したうえ、所定の応募チラシまたは応募封筒を使用し、郵送にて応募した方全員に、6,000円分をVisaギフトカードでキャッシュバックされます。

セット購入対象品はこちら

★エコタンク搭載プリンター EW-M752T/TB + 以下インクボトルのいずれか(ケンダマ/タケトンボ)

・インクボトル使い切りサイズ4本以上

・インクボトル増量サイズ2本以上

★カラリオプリンター EP-883AW/AB/AR + 6色増量タイプインクパック KAM-6CL-L

写真用紙がもらえる特典も!

MyEPSON」への製品登録後にダウンロードできる写真用紙応募券を貼付して応募すると、なんと「写真用紙<光沢>スクエアサイズ20枚」が、Visaギフトカードに加えてプレゼントされます!

こちらの「写真用紙<光沢>スクエアサイズ20枚」は11月8日に発売されたばかりの新商品です。
InstagramなどのSNS向け写真として一般的なスクエア(正方形)写真をプリントして楽しめるんです。いいですね。これ欲しい(笑)

対象プリンターのご紹介

EW-M752T/TB

ホワイトブラック

EW-M752Tは昨年10月24日に発売されたプリンターで、EW-M752TBは今年10月22日に発売されたばかりのブラックモデルです。

ボトルを挿すだけでインクが補充され、満タンになると自動で止まるエプソンのエコタンク方式プリンターです。満タンでピタッと止まる

 

 

 

手間もかからず、さらに使い切りサイズのインクボトルでA4カラー文書を約1,000ページプリント可能。A4カラー文書が約2.7円という低印刷コストは魅力的ですね。

対応インクボトルは、ケンダマ/タケトンボ の5色インクです。 KETA-5CL パッケージ外観

使い切りサイズの容量は約12mlで、増量タイプ約45mlもあります。プリント量にあわせて選ぶとさらにコストカットできますね。

EP-883AW/AB/AR

EP-883AW/AB/ARは、今年10月22日に発売されたカートリッジ方式の新商品プリンターです。

EP-883A_01EP-883A_02EP-883A_03

エプソンのおはこである写真はもちろんのこと、文書も美しくプリントができる多機能・高画質モデルなので、家庭用プリンターをお探しの方は必見ですね。

対応インクは カメ(KAM-6CL)の6色インクです。KAM-6CL-L パッケージ外観

独立型カートリッジなので無くなった色のみ交換できます。
増量タイプ(KAM-6CL-L)などもあるので、印刷枚数に合わせて選ぶといいですね。

応募方法をご紹介

申し込み必要書類の準備

①対象のプリンター本体のレシートまたは領収書のコピー
②対象のプリンター本体のエプソン保証書のコピー
③対象のプリンター本体の商品箱の指定部分(原本)
④対象インクのレシートまたは領収書のコピー
⑤対象インクの商品箱の指定部分(原本)

1プリンター本体のレシートまたは領収書(コピー)2プリンター本体のエプソン保証書(コピー)【EPSON保証書はこちら】EPSON保証書は製品箱に貼付けされています。3対象のプリンター本体の商品箱の指定部分(原本)【商品箱の指定部分はこちら】4対象インクのレシートまたは領収書(コピー)5対象インクの商品箱の指定部分(原本)【商品箱の指定部分はこちら】

キャンペーンの応募方法

申込用紙に申込必要書類を貼付・必要事項を記載し、所定の郵便料金分の切手を貼付した上、キャンペーン事務局宛に郵送。(申込用紙は専用封筒として利用可能。)

申し込み用紙ダウンロードはこちら

「写真用紙<光沢>スクエア」プレゼントの応募方法

①エプソンの会員サイト「MyEPSON」へ会員登録(無料)
②「MyEPSON」へアクセスして、ご購入された本キャンペーンの対象製品を登録
③プレゼントの応募券ダウンロード (「MyEPSON」へログインの上アクセス)
④ダウンロードした応募券を印刷して、キャンペーン申込用紙に貼付し応募

対象プリンターの価格は?

プリンタの価格 -2020.11.18時点- Amazon ヨドバシカメラ
EW-M752T/TB   39500円 43890円
EP-883AW/AB/AR   32400円 35640円

プリンターの購入をお考えの方、お得なエプソンのキャンペーンもぜひ忘れずにチェックしてみてくださいね。

EW-M752T/TB対応 ケンダマ/タケトンボ 詰替えインクはこちら

EP-883AW/AB/AR対応 KAM-6CL-L 互換インクはこちら

エプソンプリンター スキャナー機能で比較してみた!

インクジェット複合機では、単に印刷するだけでなくスキャンやコピーなど多機能ですよね。

前回はCANONのプリンターをスキャナー機能に特化して比較してみました。
今回は、EPSONのプリンターを比べてみました。

人気2種のエプソンA4複合機を比較

カラリオ EP-882AW/AB/AR

6色染料インク
エプソン自慢の「つよインク」染料を使って写真を印刷すると、アルバム保存すればなんと300年キレイが続くとか。カラリオ自慢の写真高画質技術が光る写真印刷ならコレというプリンター。

 

 

カラリオ EW-052A

4色ハイブリッドインク
文字に強い顔料ブラックインクにより「くっきりブラック」を実現。たとえ普通紙でも文字や細線がシャープに美しくプリントできるのでビジネスにも重宝するプリンター。

 

 

まずはスキャナーの基本仕様を見てみましょう。

プリンタ種類 解像度※ 階調(入力/出力)
EP-882AW/AB/AR

1200×4800

グレースケール 16bit/8bit

カラーRGB各色 48bit/24bit

EW-052A

1200×2400

グレースケール 16bit/8bit

カラーRGB各色 48bit/24bit

※解像度(dpi)光学解像度(主走査×副走査)

はい、解像度以外は同じですね。

  • 主走査の数値‥‥センサの性能を表し、数値が大きければ速度を落とさずにより高画質な画像が得られる。
  • 副走査の数値‥‥低速でスキャンした場合に得られる解像度のこと。

EP-882AW/AB/ARの方が、低速でより細部まで綿密なスキャニングといえます。写真高画質技術の粋をあつめたEP-882AW/AB/ARならではですね。

EW-052Aの特色であるくっきりブラックの効果で、手早く細部まで美しく表現された文書をスキャニングするのに向いていると言えます。

スキャナ機能をさらに便利にするのがこれ

EP-882AW/AB/ARにのみ付いている機能がありました!

色あせた写真がよみがえる、退色復元

色あせた写真がよみがえる、退色復元古くなって色あせた写真をスキャンし、復元する機能です。ずっと飾ったままの色あせたお気に入りの写真もスキャンして元のキレイな色合いに戻るという優れもの。スキャンした写真をプリントしたり、PCに保存して再び鮮やかな写真として飾れるなんて嬉しいですよね。

原稿の置き忘れをお知らせ「原稿取り忘れ通知」

スキャンが終了しても原稿台の開け閉めがなかった場合にインフォメーションとアラームで原稿がまだ残っていることをお知らせしてくれる機能です。

(注)PCからスキャンを行った場合は動作しません。

写真それとも文書?どちらをメインにするかで選んでみて!

エプソン自慢の写真技術を余すことなく活用できるEP-882AW/AB/ARは写真・画像をスキャンしたい場合にはやはり魅力的ですね。

ビジネスで文書をスキャンするのがメインならば、細部の文字まで美しく表現できるEW-052Aをおすすめします。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

EP-882AW  コンパクトプリンターで写真印刷ならこれ!

EP-881AWの後継機として1年後に発売されたEP-882AW

エプソンのカラリオシリーズ・A4カラーインクジェット複合機です。

ボタンが1つしかないスタイリッシュ&コンパクトボディで、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3種類。

昨年モデルのEP-881AWに天面がベージュになったANという種類があったのですが、今回のEP-882AWはシンプルな3色展開になりました。

カラーを際立たせる質感ホワイトはマット仕上げで触れても心地よい質感、ブラックとレッドは光沢のある質感で華やかさを出したとのこと。
さまざまなお部屋の雰囲気に合うよう考えられた色展開といったところでしょうか。

前面2段+背面の3way給紙

前面2段給紙前面2段給紙は上下に異なる用紙をセット可能。
使うたびに用紙を入れ替える手間が省けます。

使わない時も紙を入れっぱなしに置いておけて、いざっていう時にすぐ印刷できるのって実は便利だったりしますよね。

背面1枚手差しの3way給紙
手差しの背面給紙にも対応し、厚紙などへのプリントにも対応した便利な3way給紙です。

 

また、SDカードを挿入したままフロントパネルを閉じることが可能となっています。
CD印刷用トレイは給紙カセットの裏に収納。

棚に置いたまま使えることを想定しての工夫となっているようです。
かゆいところに手が届くというか、カスタマーのことを第一に考えてくれているのがわかるデザイニングですね。

本体には4.3型ワイドのタッチパネルに、これぞエプソンの真骨頂ともいうべき
色鮮やかな写真印刷が期待できる6色インク搭載モデルとなります。

スマホ接続がさらに便利に簡単に!

スマホからプリンター本体のQRコードを読み込むだけで即座に接続されて印刷可能。

スマホから本体の操作が可能に。新アプリ「Epson Smart Panel」そしてなんとも便利なのが新アプリ「Epson Smart Panel」
スマホからプリンターのリモコンみたいに直感的に操作ができるんです。

プリンターの基本的操作は言うまでもなく、設定やメンテナンスまでもがスマホから操作できるという優れモノです。

そのほかにも、豊富なレイアウトで写真印刷できる「Epson Creative Print」、年賀状作成でに便利な「スマホでカラリオ年賀」など、エプソンでは様々な用途のアプリが提供されているので、
きれいな写真印刷や年賀状印刷をしたい方はぜひ!

プリンタの価格 -2020.6.19時点- Amazon ヨドバシカメラ
EP-882AW   26,330円 23,240円

発売から時間はたちましたが、まだまだ人気の機種なので値段はさほどお買い得にはなってないのですが、某家電量販店にて3000円引きのセールになっていたのを発見したので、うまく探せばお買い得品に出会えるかもしれません。。

EP-882AW対応 KAM-6CL 互換インクはこちら