EPSON エコタンク EWシリーズ プリンタ」カテゴリーアーカイブ

EW-M634T エプソン 新発売のエコタンク搭載プリンタに注目

エプソン社より2021年11月に発売されたEW-M634Tは、エコタンク搭載の複合機プリンタです。

EW-M634Tはどんなプリンタ?

EPSONエコタンクシリーズの中ではスタンダードなモデルとなります。

スマホやタブレットとすぐつながる!高さが187mm、横幅も375mm、奥行きも347mmという大変スリムでコンパクトなサイズ。
2.4型液晶モニター搭載なので前面で操作もらくらくです。

操作パネルの角度を調節でき、設置した場所の高さに合わせて角度調節もOK。
こういう細かいところが使いやすさに直結しますよね。

顔料ブラックと染料カラーインク搭載

対応インクは YAD-HAR-4CL ヤドカリ+ハリネズミ 

顔料ブラックインクに染料カラー3色を加えた4色インクを搭載。

顔料ブラックで文字はくっきりと、染料カラー3色で普通紙でも色鮮やかな発色が出ます。

インクタンクがプリンタ前面に搭載されており、インク補充はもちろんのこと一目で残量がわかる目盛り付きのインク窓があるのでお手軽かつ便利ですね。

ケタ違いの低印刷コストで大容量インクタンクを搭載

給紙は前面カセットで最大250枚と大容量!

普通紙最大250枚収納可能な前面カセット給紙コンパクトな本体は棚の中におさめても全面カセットだと使い勝手が良いですよね。
従来モデルだと給紙が150枚だったところ、普通紙最大250枚という大容量給紙に対応。
文書印刷メインのユーザーにはこの改善はポイント高いと言えます。

一方で、背面給紙がないので色々な種類の用紙を常に待機させておきたいユーザーには向かないプリンタと言えます。

 

エコタンクだから超がつく低印刷コストが実現!

EW-M634T
A4モノクロ文書 A4カラー文書
約0.4円(税込) 約1.0円(税込)

  
1回のインク交換で印刷できる枚数が、A4カラー文書で最大約6,000枚、ブラックインクだと約7500枚にもなります。

交換式メンテナンスボックスに対応 

廃インクタンクとは、印刷した際に出るインクのカスやヘッドクリーニングをした際に出るインクのカスを溜める部分を指します。このタンクにインクが溜まってしまうと印刷が一切できない状「廃インクタンクエラー」になり、メーカーに修理に出すことになります。
それがユーザー自身で交換できるのはすごい利点ですね。

ちなみに「廃インクタンク」の名称ではなく「メンテナンスボックス」という名称の部品交換になります。

EW-M634Tメンテナンスボックス EWMB2 エプソンダイレクトショップ 1980円(税込)

EW-M634Tの現在の価格は?

現在EW-M634Tの価格はどのくらいなのでしょうか。
調べてみました。

プリンタの価格 -2022.1.21時点- Amazon ヨドバシカメラ
EW-M634T   37,706円 41,250円

リモートワークや自宅学習でモノクロ含めて文書印刷をメインに使いたいユーザーには魅力的なコストパフォーマンスではないでしょうか

EW-M634T対応 YAD-HAR-4CL 互換インクはこちら

EW-M973A3T エプソン エコタンク搭載の新規機種プリンタに注目!

2021年2月に発売されたEW-M973A3Tは、A3ノビ対応エコタンク搭載の複合機プリンタです。

A3の「ノビ」って何?

A3、A4などのサイズは知っているけど、ノビって何だろう?

実は「A3サイズ」(297×420mm)より一回り大きなサイズが「A3ノビ」と呼ばれています。

これは正式に定められたサイズはなく、メーカーそれぞれで多少寸法は異なるそうです。
一般的には329×483㎜と表記されているところも。

要するに、このプリンタはA3より更に大きなサイズまで対応しているってことですね!

EW-M973A3Tはどんなプリンタ?

EPSON家庭用エコタンクシリーズの中では最新最高位機種の位置付けとなります。EW-M973A3T_01

高さが169mm、横幅も523mmとスリムでコンパクトなサイズ。
でもカラー液晶パネルはタッチ対応で4.3型ワイドと大きな画面なのでとても見やすいですね。タッチパネルの角度を最大70度まで調整できる点もユーザーに優しい設計だと思います。

6色インクで写真と文書どちらも綺麗にプリント

幅広い色表現で本格写真印刷にも使える新6色インク

顔料と染料の2種類のブラックインクにカラーを加えた6色インクを搭載。
あらたにグレーが加わって、カラー印刷の淡い色のグラデーションから写真の繊細な色合いの変化まで再現可能になりました。

TOB-6CL トビバコ という種類のインクボトルを使用します。

給紙は3種類のトレイを使って超便利!

2種類の用紙サイズを収納できる前面カセット 連続給紙が可能な背面トレイ 最大1.3mm用紙厚に対応した手差しストレート給紙 思い出の画像を印刷できるレーベルプリントEW-M973A3Tにはトレイが三つもあるんです。(レーベルプリントも入れると実は四つとなります。)

光沢紙やマット紙など、色々な種類やサイズの紙で印刷するときに、トレイが複数あるといちいち紙を抜き差しする必要ないから便利ですよね。

ダウンライトLEDを搭載

ダウンライトLEDを搭載これ、写真プリントをメインで使う方にはとっても嬉しい機能だと思います。
プリントされる写真を光で照らし、色の確認はもちろんのこと、プリントする行為自体をわくわくさせてくれる素晴らしい工夫じゃありませんか?

メモリーカード対応

電源ボタンの下あたりにSDカードやUSBなどメモリーカードの差込口があります。
写真や文書データをパソコンなしでダイレクトにプリント可能だし、メモリーカードスロットは、パソコンと接続するとメモリーカードドライブとして使えます。

印刷コスト(税込)は?

EW-M973A3T
A4カラー文書 L版写真インク・用紙合計コスト
   約1.8円(税込) 約7.6円(税込)

A4カラー文書で最大約6,200枚も印刷することができるエコタンクならではのコストパフォーマンスといえますね。

交換式メンテナンスボックスに対応 

廃インクタンクとは、印刷した際に出るインクのカスやヘッドクリーニングをした際に出るインクのカスを溜める部分を指します。このタンクにインクが溜まってしまうと印刷が一切できない状「廃インクタンクエラー」になり、メーカーに修理に出すことになります。
それがユーザー自身で交換できるのはすごい利点ですね。

ちなみに「廃インクタンク」の名称ではなく「メンテナンスボックス」という名称の部品交換になります。

EW-M973A3Tメンテナンスボックス PXMB9 エプソンダイレクトショップ 2,618円(税込)

EW-M973A3Tの現在の価格は?

現在エプソンEW-M973A3Tの価格はどのくらいなのでしょうか。
調べてみました。

プリンタの価格 -2021.11.2時点- Amazon ヨドバシカメラ
EW-M973A3T   84,800円 93,280円

今年発売の最高機種という位置づけもあり、やはりかなりいいお値段しますね。ただ、機能は文句ないですし、インク代のコスパは素晴らしいので、A3サイズ必須という方にはおすすめと言えます。             

EW-M973A3T対応 TOB-6CL 互換インクはこちら

EW-M752T/TB エプソン エコタンク搭載プリンタに注目!

2019年10月発売されたEW-M752T(EW-M752TBは2020年10月)はA4カラー複合機でエコタンク搭載プリンターです。

エプソンのHPの中に「プリンターを選ぶならあなたはどっち派?」という紹介ページがあるのですが、カートリッジ方式かエコタンク方式かで選ぶという流れになっています。

そこでエコタンクを選ぶと出てくるのが、こちらのEW-M752T/TBプリンタです。

EW-M752T/TBはこちら

事務所で使う機会があったので、使用感もお伝えつつEW-M752T/TBの紹介をしたいと思います。

家庭用エコタンクプリンターとして、高さが20cm以内におさえられており、
棚などに入れることもできるスリムでコンパクトなプリンターです。

でもカラー液晶パネルはタッチ対応で4.3型ワイドと大きな画面なのでとても
見やすいですね。インクタンクを見る窓は本体にはついていませんが、カラー液晶パネルで大きく表示が出るので全く困らないし、窓が無い分見た目はすっきりしています。

5色インクで写真と文書両方が満足の仕上がりに

文書印刷に強い黒の顔料インクが1色、写真プリントに向いている染料インク4色の計5色を搭載したEW-M752T/TB。黒顔料インクで文字がくっきりにじまず印刷でき、4色染料インクで色鮮やかなカラー印刷ができます。

KETA-5CL ケンダマ® ・タケトンボ® 5色パック という種類のインクボトルを使用します。KETA-5CL パッケージ外観

エコタンクの交換は簡単?

インク注入部は、カートリッジタイプと同じように本体の中にあります。
インクボトルの先端をこの注入部分に挿すように入れて、直接インクを流し込みます。
ガソリンを入れるときにみたいに、満タンになったら勝手にとめてくれる仕組みなので手が汚れません。

インクボトルの先端と注入口は、色ごとに形状が異なって作られていて、誤って異なった色が注入できないようになっています。きちんと防止策がとられているのでうっかり間違いしがちなユーザーには嬉しい限り。満タンでピタッと止まる

やってみましたが、本当に手も汚れずあっというまにインクを充填できてすごく簡単でしたよ。

インクコスト(税込)を(カートリッジタイプ)と比較

  A4カラー文書  L版写真インク・用紙合計コスト
EW-M752T/TB 約3.0円(税込) 約9.5円(税込)
EP-883AW 約13.2円(税込) 約22.7円(税込)

さらにエコタンクはカートリッジタイプより圧倒的に交換頻度が少ないことも大きなメリットですね。

実際、事務所で使い始めてから日々数百枚以上の印刷をしていますが、タンクはまだまだインク残量あります。

廃インクタンクエラーがでてもユーザーにて交換可能 

廃インクタンクとは、印刷した際に出るインクのカスやヘッドクリーニングをした際に出るインクのカスを溜める部分を指します。このタンクにインクが溜まってしまうと印刷が一切できない状態になり、メーカーに修理に出すことになります。
それが自分で交換できるのはとても便利だと思います。

ちなみに「廃インクタンク」の名称ではなく「メンテナンスボックス」という名称の部品交換となります。メンテナンスボックス

EW-M752T/TB用メンテナンスボックス EPMB1 エプソンダイレクトショップ 1,078円(税込)

EW-M752T/TBの現在の価格は?

発売から2年がたった今のEW-M752Tの価格はどのくらいなのでしょうか。
調べてみました。

プリンタの価格 -2021.10.15時点- Amazon ヨドバシカメラ
EW-M752T   39,250円 43,890円
EP-883AW   31,500円 34,650円

本体の価格自体はカートリッジタイプのプリンタと比べると若干高めですが、エコタンクの利点を考慮すれば本体価格にもっと差があってもおかしくないかもとも思いましたね。

EW-M752T/TB対応 KETA-5CL 互換インクはこちら

エプソン 対象商品購入で6,000円分還元キャンペーンがスタート!

エプソン対象プリンター&インクのセット購入で6,000円分のVisaギフトカードが貰えます。

その名も「みんなの笑顔を応援 キャッシュバックキャンペーン」

キャンペーンの概要

キャンペーン対象購入期間は2020年10月22日(木)から2021年1月12日(火)までです。

期間中に、エプソン対象製品をセット購入したうえ、所定の応募チラシまたは応募封筒を使用し、郵送にて応募した方全員に、6,000円分をVisaギフトカードでキャッシュバックされます。

セット購入対象品はこちら

★エコタンク搭載プリンター EW-M752T/TB + 以下インクボトルのいずれか(ケンダマ/タケトンボ)

・インクボトル使い切りサイズ4本以上

・インクボトル増量サイズ2本以上

★カラリオプリンター EP-883AW/AB/AR + 6色増量タイプインクパック KAM-6CL-L

写真用紙がもらえる特典も!

MyEPSON」への製品登録後にダウンロードできる写真用紙応募券を貼付して応募すると、なんと「写真用紙<光沢>スクエアサイズ20枚」が、Visaギフトカードに加えてプレゼントされます!

こちらの「写真用紙<光沢>スクエアサイズ20枚」は11月8日に発売されたばかりの新商品です。
InstagramなどのSNS向け写真として一般的なスクエア(正方形)写真をプリントして楽しめるんです。いいですね。これ欲しい(笑)

対象プリンターのご紹介

EW-M752T/TB

ホワイトブラック

EW-M752Tは昨年10月24日に発売されたプリンターで、EW-M752TBは今年10月22日に発売されたばかりのブラックモデルです。

ボトルを挿すだけでインクが補充され、満タンになると自動で止まるエプソンのエコタンク方式プリンターです。満タンでピタッと止まる

 

 

 

手間もかからず、さらに使い切りサイズのインクボトルでA4カラー文書を約1,000ページプリント可能。A4カラー文書が約2.7円という低印刷コストは魅力的ですね。

対応インクボトルは、ケンダマ/タケトンボ の5色インクです。 KETA-5CL パッケージ外観

使い切りサイズの容量は約12mlで、増量タイプ約45mlもあります。プリント量にあわせて選ぶとさらにコストカットできますね。

EP-883AW/AB/AR

EP-883AW/AB/ARは、今年10月22日に発売されたカートリッジ方式の新商品プリンターです。

EP-883A_01EP-883A_02EP-883A_03

エプソンのおはこである写真はもちろんのこと、文書も美しくプリントができる多機能・高画質モデルなので、家庭用プリンターをお探しの方は必見ですね。

対応インクは カメ(KAM-6CL)の6色インクです。KAM-6CL-L パッケージ外観

独立型カートリッジなので無くなった色のみ交換できます。
増量タイプ(KAM-6CL-L)などもあるので、印刷枚数に合わせて選ぶといいですね。

応募方法をご紹介

申し込み必要書類の準備

①対象のプリンター本体のレシートまたは領収書のコピー
②対象のプリンター本体のエプソン保証書のコピー
③対象のプリンター本体の商品箱の指定部分(原本)
④対象インクのレシートまたは領収書のコピー
⑤対象インクの商品箱の指定部分(原本)

1プリンター本体のレシートまたは領収書(コピー)2プリンター本体のエプソン保証書(コピー)【EPSON保証書はこちら】EPSON保証書は製品箱に貼付けされています。3対象のプリンター本体の商品箱の指定部分(原本)【商品箱の指定部分はこちら】4対象インクのレシートまたは領収書(コピー)5対象インクの商品箱の指定部分(原本)【商品箱の指定部分はこちら】

キャンペーンの応募方法

申込用紙に申込必要書類を貼付・必要事項を記載し、所定の郵便料金分の切手を貼付した上、キャンペーン事務局宛に郵送。(申込用紙は専用封筒として利用可能。)

申し込み用紙ダウンロードはこちら

「写真用紙<光沢>スクエア」プレゼントの応募方法

①エプソンの会員サイト「MyEPSON」へ会員登録(無料)
②「MyEPSON」へアクセスして、ご購入された本キャンペーンの対象製品を登録
③プレゼントの応募券ダウンロード (「MyEPSON」へログインの上アクセス)
④ダウンロードした応募券を印刷して、キャンペーン申込用紙に貼付し応募

対象プリンターの価格は?

プリンタの価格 -2020.11.18時点- Amazon ヨドバシカメラ
EW-M752T/TB   39500円 43890円
EP-883AW/AB/AR   32400円 35640円

プリンターの購入をお考えの方、お得なエプソンのキャンペーンもぜひ忘れずにチェックしてみてくださいね。

EW-M752T/TB対応 ケンダマ/タケトンボ 詰替えインクはこちら

EP-883AW/AB/AR対応 KAM-6CL-L 互換インクはこちら