未分類」カテゴリーアーカイブ

キャノンプリンター スキャナー機能で比較してみた!

インクジェット複合機は、単に印刷するだけでなくスキャンやコピーなど多機能ですよね。
そこで今回はスキャナー機能に焦点を当ててみました。

人気2種のキャノンA4複合機を比較

PIXUS TR8530

TR85305色ハイブリッド、有線LANにも対応のFAX&ADF付のコンパクトプリンター。
コンパクトなのにFAXまでついていてビジネス使用もできるプリンターですね。

 

PIXUS TS8330

TS83306色ハイブリッド、WIFI機能を強化した高画質ハイスペックモデルのコンパクトプリンター。
スマホとの連携が特徴。アプリを使えばさらに便利に多機能になるとのことで、プリンターの技術進歩はすごいですね。

 

まずはスキャナーの基本仕様を見てみましょう。

プリンタ種類 解像度※ 階調(入力/出力) 読み取り速度
PIXUS TR8530

1200×2400

グレースケール 16bit/8bit

カラーRGB各色 16bit/8bit

グレースケール 1.5msec/line(300dpi)

カラー  3.5msec/line(300dpi)

PIXUS TS8330

2400×4800

グレースケール 16bit/8bit

カラーRGB各色 16bit/8bit

グレースケール 1.5msec/line(300dpi)

カラー  3.5msec/line(300dpi)

※解像度(dpi)光学解像度(主走査×副走査)

はい、解像度以外は同じですね。

TS8330は、TR8530に比べて解像度が4倍あります。

写真を大きく引き伸ばす、緻密なイラストをスキャンしたいなど、そこに綺麗さを
求めるのであれば、解像度が高いTS8330の特徴が活かせますね。

文書をスキャンすることがメインであれば、解像度が高いと時間がかかるし、
文書であればそこまでの綺麗さを求めないですよね。
解像度が低めなTR8530の方が早く作業ができるということになります。

スキャンの使用目的によって選んでいただくといいですね。

スキャナ機能をさらに便利にするのがこれ

TR8530にのみ付いている機能がありました!

スキャンデータを直接メモリーへ保存

書類や名刺、写真などスキャンしたデータを直接SDカードに保存できます。

保存する前に液晶モニターでプレビューでの確認も可能。
データ保存形式もPDF/JPEGから選べて、PDF形式で保存する場合はなんと最大100ページまで保存可能です。

自動原稿送り機能(ADF)付き

複合機のADFは「大量の資料をスキャン」するときにとても便利な機能なんです。

たとえば会議資料を作成するために原稿をスキャンして印刷するとします。
1、2枚ならともかく30枚とか結構な量の原稿をいちいち手作業でスキャンするのって
地味に大変ですよね。。

このADFがあれば、原稿をセットして自動で原稿を読み取ってくれるんです。
ビジネスなどでは重宝する機能ではないでしょうか。

スキャナーに特化するならTR8530がおすすめ!

スキャナの便利機能はやはり魅力的といえますね。普段からスキャナーをよく使う方にはなおさら便利と感じていただけるのではないでしょうか。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

LC3111-4PKシリーズとBCI-381+380/6MPシリーズのインクコストを比較してみた

ブラザーとキャノンで今年度それぞれ最も販売数が多いインク型番である、この2つのシリーズのインクコストを比べてみました!

LC3111-4PKシリーズのインク構成

LC3111系インクの構成は以下の通りです。

LC3111-BK        ・・・ブラック
LC3111-C          ・・・シアン
LC3111-M   ・・・マゼンタ
LC3111-Y    ・・・イエロー
LC3111-4PK     ・・・4色パック

 

BCI-381+380/6MPシリーズのインク構成

BCI-381+380系インクの構成は以下の通りです。

BCI-380-BK         ・・・ブラック
BCI-381-BK         ・・・ブラック
BCI-381-C           ・・・シアン
BCI-381-M                ・・・マゼンタ
BCI-381-Y                 ・・・イエロー
BCI-381-GY              ・・・グレー
BCI-381+380/6MP  ・・・6色マルチパック

このシリーズには、XL(増量タイプ)もあります。

1mlあたりのコスト比較  

LC3111-4PK

LC3111-BK   1078円
LC3111-C/M/Y 1078円 

黒インク含有量が10ml  C/M/Y含有量が8ml

黒インク1mlが約108円となります。

★BCI-381+380 6色(標準タイプ)

BCI-380-BK      1331円
BCI-381-BK/C/M/Y/GY 1133円

黒大インク含有量が10ml  BK/C/M/Y/GY含有量が5ml

黒インク1mlが約133円となります。

★BCI-381XL+380XL 6色(増量タイプ)

BCI-380XL-BK      1793円
BCI-381XL-BK/C/M/Y/GY 1914円

黒大インク含有量が15ml  BK/C/M/Y/GY含有量が10ml

黒インク1mlが約120円となります。

1mlあたりのインクコスト
LC3111 4色 約108円
BCI-381+380 6色 標準 約133円
BCI-381XL+380XL 6色 増量 約120円

 

黒で比較してみましたが、ブラザーのLC3111シリーズの方がコストが若干低くなることがわかりました。

ブラザーは4色、キャノンは5色または6色での展開なので、単純にコストのみで考えるとブラザーのLC3111の方がお得と言えますね。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

EP-882AW  コンパクトプリンターで写真印刷ならこれ!

EP-881AWの後継機として1年後に発売されたEP-882AW

エプソンのカラリオシリーズ・A4カラーインクジェット複合機です。

ボタンが1つしかないスタイリッシュ&コンパクトボディで、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3種類。

昨年モデルのEP-881AWに天面がベージュになったANという種類があったのですが、今回のEP-882AWはシンプルな3色展開になりました。

カラーを際立たせる質感ホワイトはマット仕上げで触れても心地よい質感、ブラックとレッドは光沢のある質感で華やかさを出したとのこと。
さまざまなお部屋の雰囲気に合うよう考えられた色展開といったところでしょうか。

前面2段+背面の3way給紙

前面2段給紙前面2段給紙は上下に異なる用紙をセット可能。
使うたびに用紙を入れ替える手間が省けます。

使わない時も紙を入れっぱなしに置いておけて、いざっていう時にすぐ印刷できるのって実は便利だったりしますよね。

背面1枚手差しの3way給紙
手差しの背面給紙にも対応し、厚紙などへのプリントにも対応した便利な3way給紙です。

 

また、SDカードを挿入したままフロントパネルを閉じることが可能となっています。
CD印刷用トレイは給紙カセットの裏に収納。

棚に置いたまま使えることを想定しての工夫となっているようです。
かゆいところに手が届くというか、カスタマーのことを第一に考えてくれているのがわかるデザイニングですね。

本体には4.3型ワイドのタッチパネルに、これぞエプソンの真骨頂ともいうべき
色鮮やかな写真印刷が期待できる6色インク搭載モデルとなります。

スマホ接続がさらに便利に簡単に!

スマホからプリンター本体のQRコードを読み込むだけで即座に接続されて印刷可能。

スマホから本体の操作が可能に。新アプリ「Epson Smart Panel」そしてなんとも便利なのが新アプリ「Epson Smart Panel」
スマホからプリンターのリモコンみたいに直感的に操作ができるんです。

プリンターの基本的操作は言うまでもなく、設定やメンテナンスまでもがスマホから操作できるという優れモノです。

そのほかにも、豊富なレイアウトで写真印刷できる「Epson Creative Print」、年賀状作成でに便利な「スマホでカラリオ年賀」など、エプソンでは様々な用途のアプリが提供されているので、
きれいな写真印刷や年賀状印刷をしたい方はぜひ!

プリンタの価格 -2020.6.19時点- Amazon ヨドバシカメラ
EP-882AW   26,330円 23,240円

発売から時間はたちましたが、まだまだ人気の機種なので値段はさほどお買い得にはなってないのですが、某家電量販店にて3000円引きのセールになっていたのを発見したので、うまく探せばお買い得品に出会えるかもしれません。。

EP-882AW対応 KAM-6CL 互換インクはこちら

CANON TS8230と比較して後継プリンタTS8330はお買い得か?

PIXUS TS8230の後継機として1年後に発売されたTS8330

事務所で触る機会がありましたので、体感した両者の違いをまとめてみます。

キャノンPIXUS TS8330はこちら

図:3つのカラー

キャノンPIXUS TS8230はこちら

図:3つのカラー

うーん、まったく同じ写真に見えますよね?

以前使用していたPIXUS TS8230と色もホワイトで同じでしたので、実物を遠目でみたも見分けがつきませんでした。

しかし相変わらずスタイリッシュでコンパクトなその形は、置いておくだけでなんだかオシャレな部屋に見えてきます。

実際に印刷してみたところ、正直な感想を言うとそれほど大きな違いは感じませんでした。試しに、同じデータのイラストを印刷してみましたが、優劣はつけ難い印象です。

TS8330もTS8230も対応インクは BCI-381XL+380XL/6MP です。

どちらも6色インクを使用しているためか、仕上がりの優劣をつけられないほどきれいに印刷できています。

それもそのはずです。

キャノンの公式スペックを見てみると、

解像度・画質
TS8330 TS8230
4,800×1,200dpi 4,800×1,200dpi

まったく同じでした。

どちらも文字の黒はくっきりと、写真やグラフの黒は段階的にグラデーションがきいているなと思いました。

TS8330の印刷コストは?

そうなると気になるのが、印刷コスト面ですよね。

TS8330

  • A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税別) 普通紙 約9.9円(大容量/標準容量)/約14.8円
  • L版、キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド 約19.4円(大容量/標準容量)/約26.3円(小容量)

TS8230

  • A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税別) 普通紙 約9.9円(大容量/標準容量)/約14.8円
  • L版、キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド 約19.4円(大容量/標準容量)/約26.3円(小容量)

どちらもまったく同じですね。

ここまでは全く同じで、違いを見つけることができませんでした。。

給紙方法で便利な新機能ができました!

TS8230は用紙をセットした時点でモニター画面に「用紙サイズ」の確認設定する画面が出てきます。毎回給紙のため用紙をセットするたびにこの設定をしなければいけませんでした。

TS8330では、用紙をセットしたら自動でサイズを認識してくれて、設定のわずらわしさが解消されています!

図:自動紙幅検知

一見すると、そんな小さな違い?と思われるかもしれませんが、塵も積もれば…と言うように、連続して使用する場合は自動検知機能は便利の一言でした。

キャノンさん、かゆいところに手が届くというか、よくぞ改善してくれましたという感想です。

 

 

結論は新機種TS8330よりTS8230を買うべき!

後継機TS8330とTS8220の違いは給紙の件を除いてスペックや印刷コストも全く同一です。
給紙設定の改善はありましたが、プリンター本体の価格を見ると、TS8230のほうが数千円安く手に入りますね。

価格の違いを考えると、給紙にこだわらず同じスペックにて印刷可能な旧型TS8230がお財布的にもおすすめかと思います。

ただし、TS8330も発売からずいぶん経っていますので、旧型TS8230の方は店舗などに在庫がない場合もあるかもしれません。

さらにTX8330の価格が低くなっていくようであれば、給紙サイズの自動検知の便利さも鑑みて、TS8330を購入するのもいいですね。

CANON TS8230 TS8330対応 BCI-381XL+380XL/6MP 互換インクはこちら

KUI-6CLとKAM-6CLの互換インクについて違いをまとめてみた

KUIシリーズのインク構成

KUIシリーズインクカートリッジはインク容量が、標準タイプと増量タイプの2種類ですが、
大きくわけて12個に分類できます。

  • KUI-BK        黒/ブラック (顔料インク)
  • KUI-C           シアン
  • KUI-M         マゼンタ
  • KUI-Y         イエロー
  • KUI-LC           ライトシアン
  • KUI-LM         ライトマゼンタ
  • KUI-6CL    6色セット
  • KUI-6CL-M   6色セット(BKのみ増量タイプ)
  • KUI-6CL-L    6色セット(全カラー増量タイプ)
  • KUI-6CLOKP  お好きな6個を選べるセット
  • KUI-6CL-MOKP BK増量は固定で、残りお好きな5個を選べるセット
  • KUI-6CL-LOKP お好きな6個を選べるセット(全インク増量タイプ)

他のメーカーと同様にEPSON社のインクも6色単品とお得な6色セットがあります。
キヤノンやブラザーにはあまり見られないセットがこのエプソン純正インクにございます。それがお好み6個セットになったKUI-6CLOKP/KUI-6CL-MOKP/KUI-6CL-LOKPです。

 

純正インク現在の価格はこちら

 

純正インクの価格 -2020.5.28時点- Amazon ヨドバシカメラ
KUI-6CL   3,945円 4,340円
KUI-6CL-M   4,904円 4,960円
KUI-6CL-L   7,088 8,000円

 

1枚あたりの印刷コスト比較
KUI-6CL(標準) KUI-6CL-L(増量)
約26.5円 約26.0円

・・・純正インクはやっぱりちょっとお高いですね。その分品質が最高なので。 😆

KUI-6CL-L 互換インクが 2,800円 (森のくまのインク屋さん 2020.5.28)

互換インクにすることで60~65%程度のコストダウンが実現しますね。インクの品質は純正インクに遠く及びませんが。

対応プリンタはこちらです。

EP-879AB
EP-879AR
EP-879AW
EP-880AB
EP-880AN
EP-880AR
EP-880AW

KAMシリーズとの違い

カメ(R)お客様から 「KUIのインクを持っていて、KAMのプリンタに買い替えたけど、このKUIのインクは形状などの見た目同じだから使えますよね?」 というお問い合わせを多くもらいます。

 

上の対応プリンタ一覧がKUIのものですが
下の対応プリンタ一覧はKAMのものです。

EP-881AB
EP-881AN
EP-881AR
EP-881AW
EP-882AB
EP-882AR
EP-882AW

両者を比べると分かりますが、対応プリンタが全く重なっておりません。試しにKUI BKのインクカートリッジをEP-881AWに入れてみると、やっぱり使えませんでした 😀  そりゃそうですね。ICチップの保持信号が異なりますので。

  • KAM-BK        黒/ブラック (顔料インク)
  • KAM-C           シアン
  • KAM-M         マゼンタ
  • KAM-Y         イエロー
  • KAM-LC           ライトシアン
  • KAM-LM         ライトマゼンタ
  • KAM-6CL    6色セット
  • KAM-6CL-M   6色セット(BKのみ増量タイプ)
  • KAM-6CL-L    6色セット(全カラー増量タイプ)
  • KAM-6CLOKP  お好きな6個を選べるセット
  • KAM-6CL-MOKP BK増量タイプは固定で、残りお好きな5個を選べるセット
  • KAM-6CL-LOKP お好きな6個を選べるセット(全インク増量タイプ)

純正インク現在の価格はこちら

純正インクの価格 -2020.5.28時点- Amazon ヨドバシカメラ
KAM-6CL   3,827円 4,210円
KAM-6CL-M   4,336円 4,770円
KAM-6CL-L   6,927円 7,620円

      
・・・純正インク。品質が最高な分、価格はやっぱりお高め。。

KAM-6CL-L 互換インクが 2,580円 (森のくまのインク屋さん 2020.05.28)

互換インクにすることで60-65%程度のコストダウンが実現しますね。インクの品質は純正インクには遠く及びませんが。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん