キヤノン」カテゴリーアーカイブ

LC3111-4PKシリーズとBCI-381+380/6MPシリーズのインクコストを比較してみた

ブラザーとキャノンで今年度それぞれ最も販売数が多いインク型番である、この2つのシリーズのインクコストを比べてみました!

LC3111-4PKシリーズのインク構成

LC3111系インクの構成は以下の通りです。

LC3111-BK        ・・・ブラック
LC3111-C          ・・・シアン
LC3111-M   ・・・マゼンタ
LC3111-Y    ・・・イエロー
LC3111-4PK     ・・・4色パック

 

BCI-381+380/6MPシリーズのインク構成

BCI-381+380系インクの構成は以下の通りです。

BCI-380-BK         ・・・ブラック
BCI-381-BK         ・・・ブラック
BCI-381-C           ・・・シアン
BCI-381-M                ・・・マゼンタ
BCI-381-Y                 ・・・イエロー
BCI-381-GY              ・・・グレー
BCI-381+380/6MP  ・・・6色マルチパック

このシリーズには、XL(増量タイプ)もあります。

1mlあたりのコスト比較  

LC3111-4PK

LC3111-BK   1078円
LC3111-C/M/Y 1078円 

黒インク含有量が10ml  C/M/Y含有量が8ml

黒インク1mlが約108円となります。

★BCI-381+380 6色(標準タイプ)

BCI-380-BK      1331円
BCI-381-BK/C/M/Y/GY 1133円

黒大インク含有量が10ml  BK/C/M/Y/GY含有量が5ml

黒インク1mlが約133円となります。

★BCI-381XL+380XL 6色(増量タイプ)

BCI-380XL-BK      1793円
BCI-381XL-BK/C/M/Y/GY 1914円

黒大インク含有量が15ml  BK/C/M/Y/GY含有量が10ml

黒インク1mlが約120円となります。

1mlあたりのインクコスト
LC3111 4色 約108円
BCI-381+380 6色 標準 約133円
BCI-381XL+380XL 6色 増量 約120円

 

黒で比較してみましたが、ブラザーのLC3111シリーズの方がコストが若干低くなることがわかりました。

ブラザーは4色、キャノンは5色または6色での展開なので、単純にコストのみで考えるとブラザーのLC3111の方がお得と言えますね。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

CANON TS8230と比較して後継プリンタTS8330はお買い得か?

PIXUS TS8230の後継機として1年後に発売されたTS8330

事務所で触る機会がありましたので、体感した両者の違いをまとめてみます。

キャノンPIXUS TS8330はこちら

図:3つのカラー

キャノンPIXUS TS8230はこちら

図:3つのカラー

うーん、まったく同じ写真に見えますよね?

以前使用していたPIXUS TS8230と色もホワイトで同じでしたので、実物を遠目でみたも見分けがつきませんでした。

しかし相変わらずスタイリッシュでコンパクトなその形は、置いておくだけでなんだかオシャレな部屋に見えてきます。

実際に印刷してみたところ、正直な感想を言うとそれほど大きな違いは感じませんでした。試しに、同じデータのイラストを印刷してみましたが、優劣はつけ難い印象です。

TS8330もTS8230も対応インクは BCI-381XL+380XL/6MP です。

どちらも6色インクを使用しているためか、仕上がりの優劣をつけられないほどきれいに印刷できています。

それもそのはずです。

キャノンの公式スペックを見てみると、

解像度・画質
TS8330 TS8230
4,800×1,200dpi 4,800×1,200dpi

まったく同じでした。

どちらも文字の黒はくっきりと、写真やグラフの黒は段階的にグラデーションがきいているなと思いました。

TS8330の印刷コストは?

そうなると気になるのが、印刷コスト面ですよね。

TS8330

  • A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税別) 普通紙 約9.9円(大容量/標準容量)/約14.8円
  • L版、キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド 約19.4円(大容量/標準容量)/約26.3円(小容量)

TS8230

  • A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税別) 普通紙 約9.9円(大容量/標準容量)/約14.8円
  • L版、キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド 約19.4円(大容量/標準容量)/約26.3円(小容量)

どちらもまったく同じですね。

ここまでは全く同じで、違いを見つけることができませんでした。。

給紙方法で便利な新機能ができました!

TS8230は用紙をセットした時点でモニター画面に「用紙サイズ」の確認設定する画面が出てきます。毎回給紙のため用紙をセットするたびにこの設定をしなければいけませんでした。

TS8330では、用紙をセットしたら自動でサイズを認識してくれて、設定のわずらわしさが解消されています!

図:自動紙幅検知

一見すると、そんな小さな違い?と思われるかもしれませんが、塵も積もれば…と言うように、連続して使用する場合は自動検知機能は便利の一言でした。

キャノンさん、かゆいところに手が届くというか、よくぞ改善してくれましたという感想です。

 

 

結論は新機種TS8330よりTS8230を買うべき!

後継機TS8330とTS8220の違いは給紙の件を除いてスペックや印刷コストも全く同一です。
給紙設定の改善はありましたが、プリンター本体の価格を見ると、TS8230のほうが数千円安く手に入りますね。

価格の違いを考えると、給紙にこだわらず同じスペックにて印刷可能な旧型TS8230がお財布的にもおすすめかと思います。

ただし、TS8330も発売からずいぶん経っていますので、旧型TS8230の方は店舗などに在庫がない場合もあるかもしれません。

さらにTX8330の価格が低くなっていくようであれば、給紙サイズの自動検知の便利さも鑑みて、TS8330を購入するのもいいですね。

CANON TS8230 TS8330対応 BCI-381XL+380XL/6MP 互換インクはこちら

bci-351+350 大容量と標準容量との違いを比べてみた!

BCI-351+350シリーズのインク構成

BCI-351+350系インクカートリッジは形状とインク容量で4つに分類できます。

  • BCI-350PGBK                 大きなカートリッジのインク標準容量
  • BCI-350XLPGBK             大きなカートリッジのインク大容量量
  • BCI-351                     小さなカートリッジのインク標準容量
  • BCI-351XL                小さなカートリッジのインク大容量量

改めてよく見てみるとBCI-350系インクの方がBCI-351系インクと比べて1.5倍くらい大きいですね。

文字印刷に頼もしさを感じますw

というか、標準容量でも大容量でも外側のカートリッジのサイズは変わらないのですね。。

インク容量の比較表がこちら

  純正インク 互換インク
BCI-350PGBK        標準容量 15ml
BCI-350XLPGBK    大容量 22ml 22ml
BCI-351             標準容量 6ml
BCI-351XL              大容量 11ml 11ml

それぞれの重さを計ってみてインク容量を出してみました。

 

1mlあたりのコスト比較

BCI-351+350/6MP 標準容量が 4,730円 (キヤノンオンラインショップ 2018.05.08)
6本合計のインク容量は45ml

BCI-351XL+350XL/6MP 大容量が 7,060円 (キヤノンオンラインショップ 2018.05.08)
6本合計のインク容量は77ml

・・・純正インクはやっぱりちょっとお高いですね。その分品質が最高なので。 😆 

BCI-351XL+350XL/6MP 大容量互換インクが 2,000円 (森のくまのインク屋さん 2018.05.08)
6本合計のインク容量は77ml

 

純正インク 互換インク
BCI-350PGBK        標準容量 105円
BCI-350XLPGBK    大容量 91円 26円
BCI-351             標準容量 105円
BCI-351XL              大容量 91円 26円

互換インクにすることで70~75%程度のコストダウンが実現しますね。インクの品質は純正インクに遠く及びませんが。

対応プリンタはこちらですので、お持ちの方は上記容量とコストをご参考にされてください。

■グレーを使うプリンタ
PIXUS MG7530F MG7530 MG7130 MG6730 MG6530 MG6330 iP8730 iX6830
■グレーを使わないプリンタ
PIXUS MG5530 MG5430 MG5630 MX923 iP7230

😮

 

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

BCI-371XL+370XL/5MP 対応の5色プリンタで買うべきプリンタはこれ

MG5730発売からちょうど1年後にTS6030・TS5030が発売

こちらが2015年秋発売の第1世代

MG5730  

 

こちらが2016年秋発売の第2世代

TS6030 

TS5030 

CANON社でいま最も売れているインク型番はBCI-371XL+370XLシリーズで間違いないでしょう。

5色プリンタと6色プリンタとの違いは、6色目グレーインクがあるか・ないか で異なるようですね。例えばエプソンの6色プリンタではより精細な写真表現などに使われているインクは ライトシアン・ライトマゼンタですし、ヒューレットパッカードの独立型インクで最もメジャーなインク型番HP178シリーズではフォトブラックが採用されていましたが、キヤノンではBCI-321シリーズからBCI-326、BCI-351シリーズまで長いこと高精細インク表現にこのグレーが使われています。写真を見てみると確かに5色よりきれいです。

インクタンク BCI-371 (BK/C/M/Y)+インクタンク BCI-370 5色マルチパック[標準容量]

こちらはBCI-371XL+370XLシリーズの標準インク容量の5色セットです。色の内訳は・・・

インクタンク BCI-371 (BK/C/M/Y/GY)+インクタンク BCI-370 6色マルチパック[標準容量]

 

5色プリンタでも侮れないMG5730の機能性

発売当初はBCI-351シリーズプリンタをしっかり受け継いだ高機能プリンタでした。筐体もとても似た形で大きさも存在感がすごい感じ。。

幅x高さx奥行き 455x148x369 mm

データですと依然大きいのですが、使ってみた印象では前面トレイ式給紙なので、大きさに割にはスペースに困らないです。自動両面もしっかりできます。

 

 

現在価格コムでは 22,800円で販売しています。

 

MGシリーズの高機能を受け継いで尚お買い得なTS6030

MG5730から1年後、TS6030が受け継いだ機能がこちら

  • 5色ハイブリッド
  • 最高画質4800dpi
  • Wifi対応
  • スマフォプリント
  • PIXUSクラウドリンク
  • 自動両面プリント
  • 液晶モニター

TS6030では、これに加えて・・・

  • 原稿取り忘れ検知
  • 2WAY給紙
  • 名刺サイズ対応

と進化して、更に印刷スピードも改善されまして、更に!

幅x高さx奥行き 372x139x315 mm

3辺全てで省スペース化www

現在価格コムでは 16,680円で販売しています。  お買い得感がすごいww

 

TS6030本体のお得感とは裏腹にインクコストは上がっている。。

MG5730でのインクコストに比べて 標準容量・大容量ともにTS6030・TS5030シリーズではコストが高くなってしまいました。(/ω\)イヤン。。

一つ前のBCI-351+350世代までは互換インクが安かったけど、BCI-371+370世代になると互換インクの価格もじんわり上昇気味なんですよね。ただ、純正インクと比べたらまだまだ何分の一になるくらいにはコストダウンが可能です。

 

 

結論はMG5730よりTS6030を買うべき!

MG5730と比べたら断然TS6030を買うべきです。高くなっているインクコストも純正インクでの比較ですので、安価な互換インクではそれほど大差がないと思います。

TS6030とTS5030と比べた場合は、自動両面印刷・前面と背面どちかからも給紙したい場合はTS6030を買うべき。でもこれらが不要な場合には、本体の価格差が8,000円くらいであることを考えるとTS5030で十分だと思いますよ 😆 

 

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

PIXUS TS203が発売 大ヒット機種iP2700の後継機として比較

TS203が2018年2月22日に発売。待望の単機能プリンター。

CANON社からシンプルなエントリーモデルPIXUS TS203が発売されました!

待ちに待った単機能モデルですね。本日(2018.3.29)時点では価格コムで6,680円が最安値ですね。

上部に原稿読み取り台が無いのでスキャナー機能もコピー機能もありません。A4までのプリンター機能に特化したプリンターなのです! (どどーん)

PIXUS TS203はこんな利用シーンが想定できる!

このプリンターの特徴はとにかく省スペースですよね。

外形寸法(横幅×奥行き×高さ)
 約426×255×131(mm) ※トレイ類/突起部を含まず

家庭での利用場面

コピーもスキャンもできる複合機はリビングにある。でもお父さんは書斎でパソコン作業をする際に、プリントアウトをWifiでリビングまで飛ばして取りに行くのは面倒。。そんな時にこのTS203!省スペースなので本棚にちょこんと置ける!デスクから座ったまま印刷物を確認することができる!

オフィスでの利用場面

オフィスでも利用シーンは似ていますね。共有環境にあるレーザー複合機はプリント開始が遅かったり、他の人が使っていてすぐに原稿確認ができない などがあります。取りに行くのも面倒。。狭いオフィスの自席でも置ける省スペースプリンター。座ったままプリントアウトが確認できてとっても便利ですよね。

BC-346/BC-345が対応インクタンク型番

BC-345BC-340の後継インク型番となりますが、BC-340対応プリンターではプリンター機能のみの単機能機種は発売されていませんでした。2011年から2017年まで10機種を発売しましたが、全てスキャン・コピー機能が付いているタイプ。FAX機も2種ありました。最もエントリーモデルに近いMG2130も含めてプリントヘッドの各色ノズル数は

  • C/M/Y 各384ノズル
  • 顔料BK     640ノズル

となっておりました。文字がクッキリ再現でしょう。BC-340の更に前の機種、泣くく子も黙る超大ヒット機種iP2700は・・・

  • C/M/Y 各384ノズル
  • 顔料BK     320ノズル

BC-310時代→BC-340時代への進化で顔料ブラックインクのノズル数は倍増したのですが、今回のBC-345に関して・・・

TS203/TS3130世代でノズル数が減った!?

つまりBC-345時代になって現状維持か更なる進化か!?と思いきや、BC-310時に戻りました。さらにカラーのノズル数も減った・・

  • C/M/Y 各320ノズル
  • 顔料BK     320ノズル

た・・・たぶん、インクの質が良くなったんだろう。。純正インクは品質すごいので、同程度のプリントが技術開発の結果、ノズル数が少なくても高精細な原稿表現が可能になったのだと思います。

TS203とip2700のスペックを比較してみました

スペック比較 2018年 2月発売 2010年 2月発売
PIXUS TS203 PIXUS iP2700
幅x高さx奥行き 426x131x255 mm 445x130x250 mm
重さ 2.5 kg 3.4 kg
対応インク BC-346/BC-345
BC-346XL/BC-345XL
BC-311/BC-310
インク種類 染料+顔料 4色ハイブリッド 染料+顔料 4色ハイブリッド
自動電源オン 無し
解像度 4800×1200 dpi 4800×1200 dpi
消費電力 10 W 12 W
自動電源オフ 無し
最大用紙サイズ A4 A4
最大給紙枚数(普通紙) 60 枚 100 枚
給紙トレイ 背面 背面
最大給紙枚数(ハガキ) 20 枚 40 枚
接続インターフェイス USB2.0 USB/USB2.0
印刷速度(A4カラー) 75秒 59秒
インクコスト(A4カラー文書) 約14.1円 約13.6円

PIXUS TS203になって改善した点

  • 幅が20cmも小さくなりました。省スペース★
  • 重量は27%も軽くなりました。
  • 消費電力は17%が改善。
  • 自動電源オン/オフ機能が搭載。

PIXUS TS203になって悪化した点

前述のノズル数に関しては詳細が分からないので、今後の更なる比較検証が必要ですね。あとは・・・

  • 普通紙の給紙が40%減。
  • プリント速度が約3割遅くなりました。

ただ、ライトユーザー向けエントリーモデルとして、これらはまあ全然問題ないですよね。でもでも、それ以外にインクコストが結構高くなっているのです!

TS203とip2700とではインクコストが高くなった!

シリーズ BC-346/BC-345 BC-341/BC-340 BC-311/BC-310
インクコスト(A4カラー文書) 約14.1円 約13.1円 約13.6円

今回の比較機種であるiP2700のBC-310/BC-311シリーズと比較してインクコストが高くなっています。表を見るとすごく分かりますが、前機種のBC-341/BC-340と比較した場合、さらに高額になっています。

純正インクカートリッジは少し高額になった

確かにお菓子も、ワカメも、かつお節も、ペットボトル飲料も 同じ価格で容量を減らしてますよね。。時代の流れとしてやむを得ないのか。。  い、いや今後市場での流通価格が下がってきてBC-346/BC-345が今までの一体型インクカートリッジと比較して割安になる可能性はまだ残されているので、気にしないようにしよう。

互換性のあるリサイクルインクはただいま開発中

メーカーに確認したのですが、BC-346/BC-345用リサイクルインクは現在頑張って開発中とのこと。この一体型インクカートリッジには、プリントヘッドが付いたタイプですので互換インクはもともと無いです。再生されたリサイクルインクカートリッジが開発されるのを待つのみ。販売開始できましたら、またこちらでお知らせしますね★