キヤノン」カテゴリーアーカイブ

TR8630 時代のニーズにあわせたA4カラー複合機が新発売!

2017年10月発売のTR8530の後継機として今年2020年9月10日に発売されたTR8630
キャノンのビジネスインクジェットプリンターTRシリーズの新機種となるFAX付き多機能A4カラー複合機です。

TR8630

TRシリーズが人気なのはなぜか

顧客層のニーズに合ったプリンターだから

旧機種であるCANONピクサスTR8530は、ビジネス仕様のコンパクト複合機として店舗バックヤードやSOHOなどのユーザーに人気の機種でした。

人気の理由は、バックヤードなど狭いスペースにも対応できるコンパクトなボディと、CMYK染料/BK顔料の5色ハイブリッドインクでした。

図:5色ハイブリッド

スペースの問題はよくわかりますが、なぜハイブリット?と思いますよね?

店舗での印刷物の種類には大きくわけて2種類あります。

1.店内用POPやポスター
  宣伝のためのお客様の目にとまる色鮮やかな印刷

2.従業員資料を含めた各種事務資料
  普通紙へのモノクロ印刷

これらの特徴は、新モデルTR8630に継承されています。また、TR8630もTR8530に引き続き、同じBCI-381+380が対応インクとなります。

時代のニーズにあったプリンターだから

今回、CANON社ではSOHOや小規模事業者、店舗という従来のTRシリーズ顧客層はもちろんですが、在宅勤務をターゲットとして着目しているようです。

在宅勤務では、店舗やSOHOと同様に「省スペース性」が求められます。
新たに今年テレワークで在宅勤務を始めたビジネスマンにとっては家庭の中でスペースを見つけるのにも苦労していることがよくメディアでも紹介されていましたよね。

そして印刷物の用途についても類似しています。

仕事用としては各種資料を普通紙にモノクロ印刷するケースが多そうです。
その一方で、オンライン授業や休校の影響で、学生は学校の写真つきの教材やレポートをカラー印刷する用途もあります。

これらの理由から店舗やSOHOに人気だった前機種TR8530と同じく、コンパクトで5色ハイブリッドインクを搭載したTR8630は、在宅勤務にもぴったりのプリンターと言えます。

旧機種TR8530と新機種TR8630の違いは?

3年の月日を経て発売されたTR8630ですが、どのような機能が追加されているのか、
違いはどこなのか、気になりますよね。

 

プリンター TR8630 TR8530
最高解像度(dpi) 4,800×1,200 4,800×1,200
対応インク  BCI-381+380  BCI-381+380
コピー
スキャナー
FAX
ADF(自動原稿送り機能)
リモートプリント ×
QRコードダイレクト接続 ×
印刷コスト(カラー文書) 約9.6円/枚(大容量/標準容量) 約9.6円/枚(大容量/標準容量)
印刷コスト(L判フチなし写真) 約17.6円/枚(大容量) 約17.6円/枚(大容量)
連続複写速度 カラー文書 :約10枚/分
モノクロ文書:約15枚/分
カラー文書 :約10枚/分
モノクロ文書:約15枚/分

リモートプリントサービス・QRコードダイレクト接続の有無だけが違います。
その他の機能に関しては全く一緒ですね。

リモートプリントサービスは在宅勤務などに多いリモートで操作しているPCから自宅プリンターに直接プリントできる機能です。

在宅勤務が増えてきた今年の情勢に合わせた機能で、『「おうち時間」の仕事・学習・遊びをプリント面でサポート』を今年のPIXUSのコンセプトとして掲げたCANON社の姿勢がここにも表れています。

QRコードダイレクト機能は、プリンターの液晶画面にダイレクト接続用のQRコードを表示。読み込むだけで、SSIDやパスワードを入力することなく接続設定が完了します。スマートフォンとの接続をより簡単にしてくれます。機械が苦手な方にも大助かりな機能ですね。

TR8630の現在の価格は?

今月に発売されたばかりのTR8630、価格はどのくらいなのでしょうか。
調べてみました。

プリンタの価格 -2020.9.30時点- Amazon ヨドバシカメラ
TR8630   26,500円 29,150円

この価格でFAXやADF機能もついた複合機が買えるのに正直驚きました。
今年在宅勤務になった方にはプリンター買い替えるならTR8630をぜひお勧めしたいですね。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

BC-360/361とBC-345/346インクについて違いをまとめてみた

BC-361/360のインクについて

BC-360/361インクの対応プリンターは PIXUS TS5330 の一機種のみです。
2019年9月に発売され、その前年2018年9月発売のTS5130Sの後継機種という位置づけのようです。

写真に強い染料インクと文字に強い顔料インクの4色インクを搭載した一体型カートリッジタイプです。
BC360が顔料の黒の独立カートリッジ、BC361が染料のカラー3色の一体型カートリッジとなっています。

BC-361/360インクカートリッジはインク容量が標準タイプと増量タイプの2種類あります。

BC-360   黒        (標準容量)
BC-361   カラー(標準容量)
BC-360XL  黒     (大容量)
BC-361XL  カラー(大容量)

BC-345/346のインクについて

BC-345/346インクの対応プリンターは PIXUS TS3330, PIXUS TS3130S, PIXUS TS3130, PIXUS TS203, TR4530です。
今年2020年4月に発売されたPIXUS TS3330が最も新しい機種となります。

BC-345/346インクの構成は、BC-360/361と同じく、黒の独立カートリッジと3色カラー一体型カートリッジとなっています。

BC-345   黒  (標準容量)
BC-346   カラー(標準容量)
BC-345XL  黒  (大容量)
BC-346XL  カラー(大容量)

カートリッジの見た目はそっくりですね。容量はどうなのか気になったので調べてみました。
それに印刷コストもやっぱり気になりますよね。

インク容量と印刷コストの比較

インク 標準容量  大容量
BC-360 約7.5ml 約14.3ml
BC-361 約7.5ml 約12.3ml
BC-345 約7.9ml 約15.0ml
BC-346 約8.7ml 約13.0ml
インク L版写真ふちなし
BC-360XL/361XL  約25.3円/枚
BC-345XL/346XL  約25.3円/枚

BC-360/361の方が容量は若干少なく、印刷コストは若干高めという結果となりました。

インク ノズル数
BC-360/361 C/M/Y×各384ノズル、顔料BK×640ノズル
BC-360/361 C/M/Y×各320ノズル、顔料BK×320ノズル

インクのノズル数は時若干BC-360/361の方が多いので、早さに関しては少し進化しているようです。

純正インク現在の価格はこちら

 

純正インクの価格 -2020.9.1時点- Amazon ヨドバシカメラ
BC-360XL    2908円 3200円
BC-361XL   2836円 3120円
BC-345XL   2509円 2770円
BC-346XL   2304円 2540円

 

・・・純正インクはやっぱり結構高いですね。。

品質はもちろん素晴らしいのは言うまでもないですから。

あと、プリンターにヘッドが付いておらず、純正インクカートリッジにヘッドがついているタイプなので、どうしても高額になるんでしょうね。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

BC-346+BC-345 対応のプリンタ3種を比較してみた

キャノンピクサスTS3130発売からちょうど1年後にTS3130Sが発売。その後約1年半たち今年の春にTS3330が発売。

プリンタ3種のご紹介

こちらが2017年9月発売の第1世代
TS3130

こちらが2018年9月発売の第2世代
TS3130S

こちらが2020年4月発売の第3世代
TS3330

図:4.3型タッチパネル

コピー、スキャン機能を搭載するA4カラー複合機の小型なエントリーモデル
(低価格で初心者向けのモデル)のシリーズとなります。

外見はほぼ同じに見えます。カラーバリエーションもブラックとホワイトの2種類とシンプルですね。

使用インクは BC-346+BC-345 

一体型(カラー3色が一体)です。XL(増量)タイプもあります。

インクの目詰まりが起きてもインクを交換することで解消できるのがいいですね。

3種類のスペックを比較してみました

スペック比較 TS3130 TS3130S TS3330
幅x高さx奥行き 約435×316×145(mm) 約435×316×145(mm) 約435×316×145(mm)
重さ 約3.9kg 約3.9kg 約3.9kg
対応インク BC-346/BC-345 BC-346/BC-345 BC-346/BC-345
インク種類 染料+顔料 4色ハイブリッド 染料+顔料 4色ハイブリッド 染料+顔料 4色ハイブリッド
自動電源オン
解像度 4800(横)×1200(縦) 4800(横)×1200(縦) 4800(横)×1200(縦)
自動電源オフ
最大用紙サイズ A4 A4 A4
最大給紙枚数(普通紙) 60枚 60枚 60枚
給紙トレイ 後トレイ 後トレイ 後トレイ
最大給紙枚数(ハガキ) 20枚 20枚 20枚

印刷速度

 L判フチなし(キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド)

約52秒 約52秒 約52秒

インクコスト

L判フチなし(キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド)

約21.7円 約21.7円 約21.7円

解像度から質量、サイズからインクコストまで、まったく違いがありません。これはプリンタあるあるなのですが、後継機のスペックが従来機のものと全く一緒だったというのは実はままあることらしいですね。

じゃあ他に何かと調べていくと、あった、ありましたよ。新しく付いた機能が!

TS3330がシリーズ初「ワイヤレスコネクトボタン」を搭載

ワイヤレスコネクトボタンを押すと、プリンター本体の操作が必要なく、Wi-Fiを自動でセットアップしてくれる機能がつきました。

Wi-Fiセットアップって面倒、あるいは、機械操作が苦手でセットアップするのは苦痛。。なんて方もいらっしゃいますよね。
このボタン1つで、誰でもストレスなくWi-Fiへの接続が可能になったのは朗報ですね。

従来のプリンターと殆ど同じ機能なのに本体代金が安価

-2020.7.21時点の価格- TS3130 TS3130S TS3330
価格.COM 13,800円 13,800円 6,600円

従来のプリンター2種と比べて新型プリンターTS3330の本体価格は7,000円弱も下がっています。
新型プリンターは従来のプリンターにある機能とほぼ変わらず、さらに新機能もついてるのにです。こんな価格でプリンター買えるなんて消費者の私たちにとってはうれしい限りですね。

結論は、今買うならTS3330を選んで!

スペックが同じで新機能が追加され、さらにこの価格差は大きい!今ならTS3330を買うべきです。

CANON TS3130 TS3130S TS3330対応 BC-346+BC-345 互換インクはこちら

キャノンプリンター スキャナー機能で比較してみた!

インクジェット複合機は、単に印刷するだけでなくスキャンやコピーなど多機能ですよね。
そこで今回はスキャナー機能に焦点を当ててみました。

人気2種のキャノンA4複合機を比較

PIXUS TR8530

TR85305色ハイブリッド、有線LANにも対応のFAX&ADF付のコンパクトプリンター。
コンパクトなのにFAXまでついていてビジネス使用もできるプリンターですね。

 

PIXUS TS8330

TS83306色ハイブリッド、WIFI機能を強化した高画質ハイスペックモデルのコンパクトプリンター。
スマホとの連携が特徴。アプリを使えばさらに便利に多機能になるとのことで、プリンターの技術進歩はすごいですね。

 

まずはスキャナーの基本仕様を見てみましょう。

プリンタ種類 解像度※ 階調(入力/出力) 読み取り速度
PIXUS TR8530

1200×2400

グレースケール 16bit/8bit

カラーRGB各色 16bit/8bit

グレースケール 1.5msec/line(300dpi)

カラー  3.5msec/line(300dpi)

PIXUS TS8330

2400×4800

グレースケール 16bit/8bit

カラーRGB各色 16bit/8bit

グレースケール 1.5msec/line(300dpi)

カラー  3.5msec/line(300dpi)

※解像度(dpi)光学解像度(主走査×副走査)

はい、解像度以外は同じですね。

TS8330は、TR8530に比べて解像度が4倍あります。

写真を大きく引き伸ばす、緻密なイラストをスキャンしたいなど、そこに綺麗さを
求めるのであれば、解像度が高いTS8330の特徴が活かせますね。

文書をスキャンすることがメインであれば、解像度が高いと時間がかかるし、
文書であればそこまでの綺麗さを求めないですよね。
解像度が低めなTR8530の方が早く作業ができるということになります。

スキャンの使用目的によって選んでいただくといいですね。

スキャナ機能をさらに便利にするのがこれ

TR8530にのみ付いている機能がありました!

スキャンデータを直接メモリーへ保存

書類や名刺、写真などスキャンしたデータを直接SDカードに保存できます。

保存する前に液晶モニターでプレビューでの確認も可能。
データ保存形式もPDF/JPEGから選べて、PDF形式で保存する場合はなんと最大100ページまで保存可能です。

自動原稿送り機能(ADF)付き

複合機のADFは「大量の資料をスキャン」するときにとても便利な機能なんです。

たとえば会議資料を作成するために原稿をスキャンして印刷するとします。
1、2枚ならともかく30枚とか結構な量の原稿をいちいち手作業でスキャンするのって
地味に大変ですよね。。

このADFがあれば、原稿をセットして自動で原稿を読み取ってくれるんです。
ビジネスなどでは重宝する機能ではないでしょうか。

スキャナーに特化するならTR8530がおすすめ!

スキャナの便利機能はやはり魅力的といえますね。普段からスキャナーをよく使う方にはなおさら便利と感じていただけるのではないでしょうか。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん

LC3111-4PKシリーズとBCI-381+380/6MPシリーズのインクコストを比較してみた

ブラザーとキャノンで今年度それぞれ最も販売数が多いインク型番である、この2つのシリーズのインクコストを比べてみました!

LC3111-4PKシリーズのインク構成

LC3111系インクの構成は以下の通りです。

LC3111-BK        ・・・ブラック
LC3111-C          ・・・シアン
LC3111-M   ・・・マゼンタ
LC3111-Y    ・・・イエロー
LC3111-4PK     ・・・4色パック

 

BCI-381+380/6MPシリーズのインク構成

BCI-381+380系インクの構成は以下の通りです。

BCI-380-BK         ・・・ブラック
BCI-381-BK         ・・・ブラック
BCI-381-C           ・・・シアン
BCI-381-M                ・・・マゼンタ
BCI-381-Y                 ・・・イエロー
BCI-381-GY              ・・・グレー
BCI-381+380/6MP  ・・・6色マルチパック

このシリーズには、XL(増量タイプ)もあります。

1mlあたりのコスト比較  

LC3111-4PK

LC3111-BK   1078円
LC3111-C/M/Y 1078円 

黒インク含有量が10ml  C/M/Y含有量が8ml

黒インク1mlが約108円となります。

★BCI-381+380 6色(標準タイプ)

BCI-380-BK      1331円
BCI-381-BK/C/M/Y/GY 1133円

黒大インク含有量が10ml  BK/C/M/Y/GY含有量が5ml

黒インク1mlが約133円となります。

★BCI-381XL+380XL 6色(増量タイプ)

BCI-380XL-BK      1793円
BCI-381XL-BK/C/M/Y/GY 1914円

黒大インク含有量が15ml  BK/C/M/Y/GY含有量が10ml

黒インク1mlが約120円となります。

1mlあたりのインクコスト
LC3111 4色 約108円
BCI-381+380 6色 標準 約133円
BCI-381XL+380XL 6色 増量 約120円

 

黒で比較してみましたが、ブラザーのLC3111シリーズの方がコストが若干低くなることがわかりました。

ブラザーは4色、キャノンは5色または6色での展開なので、単純にコストのみで考えるとブラザーのLC3111の方がお得と言えますね。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん