SAT-6CL/サツマイモ」カテゴリーアーカイブ

エプソンEP-812Aと比較して後継プリンタEP-813Aはお買い得か?

エプソン カラリオ EP-812Aの後継機として1年後に発売されたEP-813A

事務所で触る機会がありましたので、体感した両者の違いをまとめてみます。

EPSON カラリオ EP-812Aはこちら

カラリオ EP-812A 製品画像
EPSON カラリオ EP-813Aはこちら

【カラリオスマイルセットモデル】EP-813A
以前使用していたEP-812Aと外観も形状もそっくりでしたので、遠目では見分けがつきませんでした。スタイリッシュでコンパクトなプリンターはどんなお部屋にも映えますね。

実際に印刷してみたところ、正直な感想を言うとそれほど大きな違いは感じませんでした。試しに、同じデータの写真をカラー印刷してみましたが、明るさや色鮮やかさなども優劣はつけ難い印象です。

EP-813AもEP-812Aも対応インクは SAT-6CL(サツマイモ) です。

どちらも6色インクを使用しているためか、仕上がりの優劣をつけられないほどきれいに印刷できています。

それもそのはずです。

エプソンの公式スペックを見てみると、

解像度・画質
EP-813A EP-812A
5760×1440dpi 5760×1440dpi

まったく同じでした。

試しに印刷した写真は鮮やかなグラデーションがきいていて、LC(ライトシアン)とLM(ライトマゼンタ)が入ることによって肌色や淡い色がリアルかつ鮮やかに表現されています。

EP-813A、EP-812Aの印刷コストは?

そうなると気になるのが、印刷コスト面ですよね。

EP-813A
A4普通紙(カラー文書) L版、写真用紙・光沢
約18.8円 約32.5円
EP-812A
A4普通紙(カラー文書) L版、写真用紙・光沢
約18.8円 約32.5円

どちらもまったく同じですね。

EP-813AとEP-812A、どこに違いがあるの?

以下2点のみ微細な違いが見つかりました!

新モデルEP-813Aでは

★「Bluetooth® LE」により、プリンター本体とスマホの接続設定がより便利に

★正方形(スクエア)規格用紙にも対応

結論は新機種EP-813AよりEP-812Aを買うべき!

EP-813AとEP-812Aは、上記2件の違いを除いたらスペックや印刷コストも全く同一です。
プリンター本体の価格を見ると、EP-812Aのほうが数千円安く手に入りますね。

プリンタの価格 -2021.3.24時点- Amazon
EP-812A   21,800円
EP-813A   23,749円

価格の違いを考えると、同じスペックにて印刷可能な旧型EP-812Aがお財布的にもおすすめかと思います。

ただし、EP-813Aも発売から少し経っていますので、旧型EP-812Aの方は店舗などに在庫がない場合も見受けられました。

さらにこれからEP-813Aの価格が低くなっていくようであれば、写真印刷に便利な正方形(スクエア)規格用紙に対応していることも鑑みて、EP-813Aを購入するのもいいですね。

エプソン カラリオ EP-812A EP-813A対応 SAT-6CL(サツマイモ) 互換インクはこちら

SAT-6CL用プリンターに使うべきお得なインクはこれ

エプソンインク SAT-6CL対応プリンタはEP-812A, EP-712A, EP-813A, EP-713A

SAT-6CLはエプソン社のインクカートリッジです。
SAT-6CL(サツマイモ)対応プリンタは2019年8月に発売されたEP-812A / EP-712Aと、2020年10月に発売されたEP-813A / EP-713Aの4機種です。

エプソンのEPシリーズで、Colorio(カラリオ)シリーズの主力となっているインクジェットプリンターです。EP-712A/713Aは本体価格が安いエントリーモデル、EP-812A/EP-813Aは便利な機能が揃った中堅タイプモデルという位置づけのようですね。

本日【2021.1.20】時点の価格コムではEP-712Aは13,400円EP-812Aは18,601円でした。
写真やイラスト印刷がしたいけどそんな高機能は求めていないライトユーザーにはまずまず手の出しやすい価格帯なのではないでしょうか。

インクカートリッジの型番はSAT-6CLですが、名前は「サツマイモ」です。6CLと表記がありますので全部で6色のプリンターのようです。キヤノンやブラザーは依然として型番に番号を使用していますが(それが普通ですけどw・・) 最近のエプソンはインクカートリッジをパッケージの絵で判別しています。

ライトシアンとライトマゼンタの2色が入ることで、素肌や空の色合いなどを鮮やかに映し出し、繊細なグラデーション表現を可能にする技はさすが写真プリントが強みのEPSONですね。

SAT-6CLの純正インクは5000~6,000円前後

エプソン社が販売している純正インクカートリッジは、とっても高品質で高性能。光にあたってもインクが分解されにくい分子構造となっており、純正インクで写真を印刷してみたらその色あせない美しさに感動してしまいます。

でも、当然価格も高額な商品となっています。

Amazonでは本日時点で5,227円。 ヨドバシ.comやエプソンダイレクトでも大体6,000円弱となっています。インクが高品質だと、やはり価格もお高いものですね。。

純正品を買うときは

SAT(サツマイモ)系インクの構成は以下の通りです。

・SAT-BK  ・・・ブラック
・SAT-C    ・・・シアン
・SAT-M   ・・・マゼンタ
・SAT-Y    ・・・イエロー
・SAT-LC  ・・・ライトシアン
・SAT-LM    ・・・ライトマゼンタ
・SAT-6CL ・・・6色パック

純正インクをお得に使いたい場合、6色パックが単品よりお得です。各色を単品で買うより3%程度のコストダウン効果があります。

なお、エプソンダイレクトで会員登録すると、お好み6個セットが5764円にて購入できます。ちなみに6色セットと同じ値段となっています。好きな色を自由に選択できるので、インクの減り具合から無駄なく購入できますね。

SAT-6CL対応の互換インクは純正品の約3割程度!

お得な6色パック高品質・高価格な純正インクと比べて、安価な互換インクで更なるコストダウンができます。品質面では純正品に遠く及びませんので、写真の鮮明さ・繊細さ、耐光年数では劣ります。

しかし「普段のA4文書しかプリントしないよ」「普段使いのイラスト・写真印刷くらいしか使わないや」 といった方は互換インクを使わないともったいないです。

 

こちらの互換インク6色セットは純正インクの約3割程度の価格です。

互換インクを買うときは

・ICチップが付いているか確認する
・お店の品質保証がどのくらいの期間か
・通販の場合は送料がどのくらいかかるか

当ブログで紹介する互換インクはこれらのチェック項目をしっかりクリアしたものとなりますので安心してくださいネ!

互換インクの便利な使い方

よく見かける賢いインクの利用法は・・・それは 「両刀使い」  じゃじゃーん。

・普段は互換インクを使用
・保存したい写真の時、純正インクに付け替える
・年賀状の時には写真なら純正インク

インクを付け替えるのはそんなに手間でないですし、プリンタ内部に残留したインクが混ざっても問題ありませんのでご安心ください。実は私もこんな風に両刀使いしてます 😉