RDH-4CL徹底比較 お得なインクはこれ

エプソンインク RDH-4CL対応プリンタはPX-048AとPX-049A

RDH-4CLはエプソン社のインクカートリッジです。対応プリンターはPX-048APX-049A。エプソンのPXシリーズは、クッキリ鮮明な印刷が特徴の4色顔料インクプリンターシリーズです。

本日【2018.3.9】時点の価格コムではPX-048Aが9,380円PX-049Aはなんと6,133円 で買えるので、ライトユーザー向きの価格帯ですね。

リコーダー

インクカートリッジの型番はRDH-4CLですが、名前は「リコーダー」です。4CLと表記がありますので全部で4色のプリンターのようです。キヤノンやブラザーは依然として型番に番号を使用していますが(それが普通ですけどw・・) 最近のエプソンはインクカートリッジを絵で判別しています。

RDH-4CLの純正インクは4,000円前後

エプソン純正 RDH-4CLインクカートリッジエプソン社が販売している純正インクカートリッジは、とっても高品質。顔料インクなのに目詰まりはほとんど無いし、写真を印刷してみたらその美しさにウットリするほどです。

でも、当然価格も高額な商品となっています。Amazonでは本日時点で3,861円。 ヨドバシ.comやエプソンダイレクトでも大体4,000円前後となっています。

プリンタが6千円で インクが4千円。。

純正品を買うときは

RDH系インクの構成は以下の通りです。

  • RDH-BK  ・・・ブラック
  • RDH-BK-L ・・・ブラック(増量)
  • RDH-C     ・・・シアン
  • RDH-M       ・・・マゼンタ
  • RDH-Y        ・・・イエロー
  • RDH-4CL    ・・・4色パック

純正インクをお得に使いたい場合、4色パックが断然お得です。各色を単品で買うより3~10%のコストダウン効果があります。また、黒をよく使う方はRDH-BK-Lを購入する方が大幅にコストダウンできると思います。

RDH-4CL対応の互換インクは約半額!

互換インク RDH-4CL高品質・高価格な純正インクと比べて、安価な互換インクで更なるコストダウンができます。品質面では純正品に遠く及びませんので、写真の鮮明さ・繊細さでは劣ります。

しかし「普段のA4文書しかプリントしないよ」「社内の文書しか使わないや」 といった方は互換インクを使わないともったいない。

こちらの互換インク4色セットは純正インクの半額前後です。

 

互換インクを買うときは

  • ICチップが付いているか確認する
  • お店の品質保証がどのくらいの期間か
  • 通販の場合は送料がどのくらいかかるか

当ブログで紹介する互換インクはこれらのチェック項目をしっかりクリアしたものとなりますので安心してくださいネ!

互換インクの便利な使い方

よく見かける賢いインクの利用法は・・・それは 「両刀使い」  じゃじゃーん。

  • 普段は互換インクを使用
  • 写真の時、純正インクに付け替える
  • 年賀状の時には写真なら純正インク

インクを付け替えるのはそんなに手間でないですし、プリンタ内部に残留したインクが混ざっても問題ありませんのでご安心ください。実は私もこんな風に両刀使いしてます 😉