EW-M752T/TB エプソン エコタンク搭載プリンタに注目!

2019年10月発売されたEW-M752T(EW-M752TBは2020年10月)はA4カラー複合機でエコタンク搭載プリンターです。

エプソンのHPの中に「プリンターを選ぶならあなたはどっち派?」という紹介ページがあるのですが、カートリッジ方式かエコタンク方式かで選ぶという流れになっています。

そこでエコタンクを選ぶと出てくるのが、こちらのEW-M752T/TBプリンタです。

EW-M752T/TBはこちら

事務所で使う機会があったので、使用感もお伝えつつEW-M752T/TBの紹介をしたいと思います。

家庭用エコタンクプリンターとして、高さが20cm以内におさえられており、
棚などに入れることもできるスリムでコンパクトなプリンターです。

でもカラー液晶パネルはタッチ対応で4.3型ワイドと大きな画面なのでとても
見やすいですね。インクタンクを見る窓は本体にはついていませんが、カラー液晶パネルで大きく表示が出るので全く困らないし、窓が無い分見た目はすっきりしています。

5色インクで写真と文書両方が満足の仕上がりに

文書印刷に強い黒の顔料インクが1色、写真プリントに向いている染料インク4色の計5色を搭載したEW-M752T/TB。黒顔料インクで文字がくっきりにじまず印刷でき、4色染料インクで色鮮やかなカラー印刷ができます。

KETA-5CL ケンダマ® ・タケトンボ® 5色パック という種類のインクボトルを使用します。KETA-5CL パッケージ外観

エコタンクの交換は簡単?

インク注入部は、カートリッジタイプと同じように本体の中にあります。
インクボトルの先端をこの注入部分に挿すように入れて、直接インクを流し込みます。
ガソリンを入れるときにみたいに、満タンになったら勝手にとめてくれる仕組みなので手が汚れません。

インクボトルの先端と注入口は、色ごとに形状が異なって作られていて、誤って異なった色が注入できないようになっています。きちんと防止策がとられているのでうっかり間違いしがちなユーザーには嬉しい限り。満タンでピタッと止まる

やってみましたが、本当に手も汚れずあっというまにインクを充填できてすごく簡単でしたよ。

インクコスト(税込)を(カートリッジタイプ)と比較

  A4カラー文書  L版写真インク・用紙合計コスト
EW-M752T/TB 約3.0円(税込) 約9.5円(税込)
EP-883AW 約13.2円(税込) 約22.7円(税込)

さらにエコタンクはカートリッジタイプより圧倒的に交換頻度が少ないことも大きなメリットですね。

実際、事務所で使い始めてから日々数百枚以上の印刷をしていますが、タンクはまだまだインク残量あります。

廃インクタンクエラーがでてもユーザーにて交換可能 

廃インクタンクとは、印刷した際に出るインクのカスやヘッドクリーニングをした際に出るインクのカスを溜める部分を指します。このタンクにインクが溜まってしまうと印刷が一切できない状態になり、メーカーに修理に出すことになります。
それが自分で交換できるのはとても便利だと思います。

ちなみに「廃インクタンク」の名称ではなく「メンテナンスボックス」という名称の部品交換となります。メンテナンスボックス

EW-M752T/TB用メンテナンスボックス EPMB1 エプソンダイレクトショップ 1,078円(税込)

EW-M752T/TBの現在の価格は?

発売から2年がたった今のEW-M752Tの価格はどのくらいなのでしょうか。
調べてみました。

プリンタの価格 -2021.10.15時点- Amazon ヨドバシカメラ
EW-M752T   39,250円 43,890円
EP-883AW   31,500円 34,650円

本体の価格自体はカートリッジタイプのプリンタと比べると若干高めですが、エコタンクの利点を考慮すれば本体価格にもっと差があってもおかしくないかもとも思いましたね。

EW-M752T/TB対応 KETA-5CL 互換インクはこちら

ブラザー MFC-J5630CDW  FAX付A3複合機プリンター

今回は、2019年2月上旬にブラザーから発売されたPRIVIO(プリビオ)シリーズのMFC-J5630CDWに注目してみました!

FAX付A3ビジネスインクジェット複合機プリンター

A3両面プリントが可能でありながら、原稿読み取りサイズをA4対応とすることで設置面積がコンパクトになりました。卓上サイズということでビジネスシーンのみならず家庭やクリニックなど様々なユーザーに利用されているとのことです。

本体のサイズと外観 

MFC-J5630CDW 

MFC-J5630CDW 斜め写真

それまでの従来機種が黒色だった本体デザインを、多種多様なユーザーの使用環境になじませるとのことで白系に刷新されたようです。新鮮ですが、たしかに店舗などでも映えそうですね。

 

コンパクトでも高耐久

本体自体はコンパクトになっても、従来機種から約15万ページの高耐久をそのまま踏襲しており、廃インクパッドの交換を不要としたことで、大量印刷が可能に。

高速プリント

1枚目の印刷時間がカラー約6.0秒、モノクロ約5.5秒と大幅に高速化。出力の待ち時間が減るのはうれしいですね。

対応インクは LC3117-4PK 独立型4色インク 

マゼンタの一部に染料が含まれるものの、ブラックはもとよりカラー3色もすべて基本顔料インクを使用。インクが光環境の影響を受けにくいので、色の劣化が少ない耐久性のある印刷ができます。インクカートリッジ お徳用4色パック

 

A3対応

コロナ禍の中で、学習教材をおうちでコピーする家庭が多くなった背景があります。A4見開きの教材もそのままコピーできてしまうブラザーA3対応複合機が、SO-HOや店舗のみならず家庭用としてもニーズがでてきているようです。

FAX機能も充実

ファクスクラウド転送

受信したファクスクラウドデータを登録済みのクラウドを活用した各種ウェブサービスへ転送・保存が可能になりました。インターネットを経由して共有し、外出先から確認もできるのもいいですね。

PCファクス送受信

パソコンから そのまま送信したり、パソコンでみるだけ受信もできます。
インク・用紙代の節約にもなりますね!

現在の価格は?

プリンタの価格 -2021.8.3時点- Amazon ヨドバシカメラ
MFC-J5630CDW   28,973円 31,870円

発売当初は4万円代でした。2年が経過し、だいぶ価格が下がってお手頃になってきました。この価格でFAX付きA3対応複合機が手に入るならビジネスのみならず家庭用でもアリですね。

LC3117-4PK 互換インクはこちら

エプソン EW-052A EW-452Aが 売れ筋ランキングのワンツーフィニッシュ!

Amazon売れ筋ランキング」2021年7月13日更新データにて、インクジェットプリンターの売れ筋ランキングの1位に輝いたのがEW-052A、2位がEW-452Aでした。

これ、どちらもMUG-4CLというインク型番を使うプリンタです。
MUG-4CLを使うプリンタは実はこの2台だけなのですが、ワンツーフィニッシュを飾るなんてすごいですね。

エプソン カラリオ EW-052AとEW-452Aはどんなプリンタ?

どちらもColorio(カラリオ)シリーズのプリンターで、2019年8月に発売された家庭用インクジェット複合機プリンターです。

EW-052Aは必要な基本機能をコンパクトにまとめたシンプルモデルです。

EW-052A_01

EW-452Aは自動両面等にも対応した使い勝手に優れたエントリーモデルです。

EW-452A_03

どちらもプリンタもMUG-4CLという独立タイプの4色インクカートリッジを使います。
黒は文字がくっきり印刷できる顔料インク、カラーの3色が染料インクとなります。

EW-052AとEW-452A、どちらを選ぶ?

液晶画面

シンプルな1.44型カラー液晶

 

 

 

EW-452Aの方が上位機種という位置づけなので細かな違いは結構ある中で、
一番大きな違いは、EW-452Aには液晶画面がついていることですね。

液晶画面なしのプリンタで慣れているユーザーならばEW-052Aでも問題ないでしょう。
プリンタ側で操作したいならばEW-452Aをおすすめします。

インクジェット写真用はがきの印刷

写真用紙 フォト光沢ハガキ(はがきサイズ・50枚/郵便番号枠付き) KH50PK年賀状や季節のご挨拶などでインクジェット写真用はがきの印刷をするユーザーはEW-452A一択ですね。

カードや名刺印刷

カードサイズや名刺サイズの印刷はEW-452Aのみ可能です。

印刷コストの違いはある?

印刷コストを調べてみました。

印刷コスト
EW-052A EW-452A
L版 25.7円 L版 25.7円
A4カラー 13.2円 A4カラー 13.2円

印刷コストは同じインクカートリッジだからか全く違いがないですね。

現在のカラリオEW-052AとEW-452Aの価格は?

プリンタの価格 -2021.7.13時点- Amazon
EW-052A   6,800円
EW-452A   12,078円

どちらもシンプルまたはエントリーモデルということで、本体コストは低めです。
売れ筋ランキングの上位3位をみても本体コストが低めのプリンタということから、低価格が大きな魅力となっていると思われます。

EW-052A、EW-452A対応 MUG-4CL 互換インクはこちら

エプソン EP-883A インクジェットプリンター売れ筋ランキングTOPに!

「BCNランキング」2021年4月19日から25日の日次集計データにて、インクジェットプリンターの実売台数ランキングのトップに輝いたのが、EPSONカラリオ EP-883AW(ホワイト).

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

エプソン カラリオ EP-883Aはどんなプリンタ?

2019年7月に発売されたEP-882Aの後継機として2020年10月に発売されたEP-883A
エプソンのカラリオシリーズ・A4カラーインクジェット複合機で、カラリオシリーズではハイエンドモデルとしての立ち位置となります。

エプソン公式サイトでのプリンター選びでも、「迷ったらコレ!」と紹介されています。「多機能をバランスよく」が売りだそうです。

エプソンの良いところがバランスよくつめられたプリンターってことなんですね。
良いところ、気になります。ということで、調べてみました!

最小サイズのコンパクトさ

なんと複合プリンタでは市場最小のサイズとなります。【収納時】349×340×142(mm)
昔と比べて家庭用プリンターのコンパクトさは目をみはるものがありますね。

紙を入れたまましまえるしかもこのEP-883A、前面トレイに用紙をいれたままトレイ毎きれいに収納できるので、写真のように棚に置いたまま使えるんです。

また本体に収納できる手差し給紙の背面トレイもあって、給紙が3WAYという便利さにこのすっきり感。インテリアとして申し分ないプリンタと太鼓判押せます!

液晶タッチパネルが大きくて綺麗

4.3型の液晶モニターが前面センターについていて、文字や写真も大きく表示されます。
分かりやすく絵でも表示された操作アイコンを押していけばいい直感タッチパネルなので、初めて使うどんなユーザーでもすぐに使えること間違いなしですね。

スマホがプリンターのリモコンに早変わり

Epson Smart Panel」アプリを使うと、セットアップから基本機能のプリントやコピーなどはもちろんのこと、ヘッドクリーニングなどのメンテナンスまでスマホから操作できるとのこと。リモコン状態で使えるんですね!
せっかくの液晶タッチパネルの使用頻度が減らないかな?(苦笑)でもどちらも便利ならばユーザー側にはありがたいの一言ですよね。

6色インクで印刷コストも写真品質も満足

対応インクは「KAM-6CL」という6色の独立インクカートリッジとなります。
「カメ」という名称が可愛いですね。ラベルの写真もそうですけどエプソンのこの名称シリーズは次に何が出るんだろうともはや楽しみでもあります(笑)

インクコスト

インクコストをミドルクラスのプリンタEP-713Aと比較してみました。

EP-883A EP-713A
L版 20.6円 L版 29.5円
A4カラー 12円  A4カラー 17.1円

EP-883Aの方がインクコストは低いという結果でした。
EP-713Aは本体価格が安い分、インクコストは高めになっているようです。

写真品質

ライトマゼンタ、ライトシアンの2色が加わったことで写真の明るさが増して、人物の肌色や空の色などの景色にも鮮やかさかつリアルさが増すとのこと。
スクエア紙も印刷できるようになったEP-883Aには写真印刷で大活躍しそうですね。

現在のカラリオEP-883Aの価格は?

プリンタの価格 -2021.6.1時点- Amazon ヨドバシカメラ
EP-883AW(ホワイト)   30,482円 33,530円

発売から時間はたちましたが、ハイエンドモデルで人気機種ということもあり価格が落ちているわけではなさそうです。

その分インクコストが低めということでコストバランスはとれていると考えると、この便利さ&スタイリッシュさのハイエンドモデルプリンタとしてはお買い得といえます。

ランキングトップをはれるプリンタということでぜひ注目してください!

EP-883A対応 KAM-6CL 互換インクはこちら

G3360 キャノンプリンタ 「GIGA TANK(ギガタンク)」を搭載!

2018年2月発売された従来機種G3310の後継機種として2020年11月発売されたG3360
キャノンのインクジェットプリンターの特大容量タンク「GIGA TANK」搭載エントリーモデルとなります。

G3360はこちら

G3360

 

事務所で使う機会があったので、使用感もお伝えしつつG3360についてご紹介していきます。

 

キャノン G3360のターゲットユーザーは?

Gシリーズは、文書をメインで印刷コストを抑えたい人向けです。

従来機種G3310の顔料黒インクによってにじみの少ない高濃度な黒文字印刷を継承しつつ、普通紙への印刷スピードもさらに高速化。文書印刷メインユーザーには魅力的なプリンタとなっていますね。

コロナ禍の現在、在宅勤務やオンライン学習などで文書を印刷する機会は以前と比べて増えているため、今まで写真印刷メインでプリンタ選びをしていたユーザー層にも注目されているのではないでしょうか。

「低ランニングコスト」でコスパ優等生!

◎一度の補充で大量のプリントが可能な「ギガタンク」搭載。

図:特大容量タンク

1枚当たりのプリント代も大幅にダウンできます。

A4普通紙
モノクロ カラー
 約0.4円(税込) 約1.0円(税込)

◎特大容量タンクだから交換頻度が少ないことも大きなメリット。

実際、事務所で使い始めてから日々数百枚以上の印刷をしていますが、タンクは目視でまだまだインク残ってます。。

あと、使い勝手の点から1つ。
100枚搭載できる背面給紙トレイも用紙交換の頻度が少なくて個人的におすすめポイントです。図:背面給紙

メンテナンスが自力で可能に!

「プリントヘッドが目詰まりかも」。。「廃インクタンクがいっぱい」。。プリントができない状況になったら、今までならばプリンタメーカーに依頼して修理してもらうか、もしくはプリンタを買い替えるか、でした。

ところが、G3360はメンテナンスが自分でできる部分がほとんどなので、上記のようなケースでも自分で部品交換してプリンターを使い続けることができます。

プリントヘッド交換

プリントヘッドとは、インクが排出される部分のことを指しており、ここが目詰まりすると印刷結果やプリンタ使いに支障がでてきます。

プリントヘッドの目詰まりは数年単位で必ず起こるもので、いざ起こるときにはすでに保証が切れている時期になっていて買い替えた方が安いため、ヘッド目詰まりのサイクルで買替しているユーザーも多いのではないでしょうか。

なんと自分で交換できちゃうんです!これで修理の手間を省き、時間とコスト節約になります。

図:本体のプリントヘッド交換

G3360用プリントヘッド CH-30/BH-30 キャノンオンライン 1958円

廃インクタンク交換 

廃インクタンクとは、印刷した際に出るインクのカスやヘッドクリーニングをした際に出るインクのカスを溜める部分を指します。このタンクにインクが溜まってしまうと印刷が一切できない状態になり、メーカーに修理に出すことになります。

自分で廃インクタンクを交換できるG3360はGシリーズでもこの最新機種のみです。
画期的と言えますね!図:メンテナンスカートリッジの交換

ちなみに「廃インクタンク」の名称ではなく「メンテナンスカートリッジ」という名称の部品交換になります。

G3360用メンテナンスカートリッジ MC-G02 キャノンオンライン 1320円

G3360の現在の価格は?

発売から1年半がたった今のG3360の価格はどのくらいなのでしょうか。
調べてみました。

プリンタの価格 -2021.4.7時点- キャノンオンラインショップ ヨドバシカメラ
G3360   29,150円 29,150円

Amazonでは定価周辺および定価以下での販売が出ていませんでした。。

キャノンオンラインショップでは「インクジェットプリンター買い替えサービス」というサービスもあるのでオンラインショップでの購入という選択肢もありますね。

インクカートリッジのことなら森のくまのインク屋さん